<米国>アマゾン、ポータブル充電器26万台リコール

  • 2018/3/14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンは3月13日、米国内において、同社プライベートブランド「アマゾンベーシック」のポータブル充電器、計26万台のリコールを発表した。ユニット内のリチウムイオンバッテリが過熱し、火災や爆発を起こす可能性がある。

アマゾンベーシック・ポータブルパワーバンクス

リコールを開始した「アマゾンベーシック・ポータブルパワーバンクス」6種のうちの1つ(CPSCホームページより)

この発表を受け、米消費者情報誌コンシューマーリポートは直ちに使用を中止し、全額返金の手続きをアマゾンに申し出るよう消費者に呼びかけた。返金手続きは同社サイト専用フォームで可能。同社が把握している購入者には直接連絡が届くという。

米消費者製品安全委員会(CPSC)は、これまでに53件の過熱事故が報告されたと発表。その中には発火・火災による物損被害が4件、バッテリー液による火傷が1件含まれていたという。

リコール対象は「アマゾンベーシック・ポータブルパワーバンクス」の6種で、製品裏面に記載された製品ID番号が「B00LRK8EVO」「B00LRK8HJ8」「B00LRK8I7O」「B00LRK8IV0」「B00LRK8JDC」「B00ZQ4JQAA」のもの。中国製。2014年12月~2017年7月、アマゾンコム、アマゾンブックストアーズ、アマゾンポップアップストアーズで9~40ドルで販売された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. イオン景品表示法違反チラシ
    新聞折り込みチラシに「本日限りの厳選特価」「お1人さま1点限り」などと表示しながら、セール前から特売…
  2. 農水省オリジナル自販機
    国産食材使用の飲料のみを集めたオリジナル自動販売機が農水省内に登場した。来庁者に国産食材の消費拡大の…
  3. ジャガイモ調理
    環境省は4月17日、国内で発生した食品ロスの最新推計値を公表した。 2015年度の食品廃棄物は…
  4. 段ボール
    インターネット通販の商品配送に絡んだ苦情が相次いでいるとして、英国の広告規制機関ASAなどが、「どこ…
  5. 高齢者
    消費者トラブルに遭った高齢者が周りにいるか聞いたところ、25.5%の人が「いる」と回答したことが、神…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る