<米国>アマゾン、ポータブル充電器26万台リコール

  • 2018/3/14
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

アマゾンは3月13日、米国内において、同社プライベートブランド「アマゾンベーシック」のポータブル充電器、計26万台のリコールを発表した。ユニット内のリチウムイオンバッテリが過熱し、火災や爆発を起こす可能性がある。

アマゾンベーシック・ポータブルパワーバンクス

リコールを開始した「アマゾンベーシック・ポータブルパワーバンクス」6種のうちの1つ(CPSCホームページより)

この発表を受け、米消費者情報誌コンシューマーリポートは直ちに使用を中止し、全額返金の手続きをアマゾンに申し出るよう消費者に呼びかけた。返金手続きは同社サイト専用フォームで可能。同社が把握している購入者には直接連絡が届くという。

米消費者製品安全委員会(CPSC)は、これまでに53件の過熱事故が報告されたと発表。その中には発火・火災による物損被害が4件、バッテリー液による火傷が1件含まれていたという。

リコール対象は「アマゾンベーシック・ポータブルパワーバンクス」の6種で、製品裏面に記載された製品ID番号が「B00LRK8EVO」「B00LRK8HJ8」「B00LRK8I7O」「B00LRK8IV0」「B00LRK8JDC」「B00ZQ4JQAA」のもの。中国製。2014年12月~2017年7月、アマゾンコム、アマゾンブックストアーズ、アマゾンポップアップストアーズで9~40ドルで販売された。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  2. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  3. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  4. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...
  5. 消費者庁岡村和美長官
    消費者庁は「7月豪雨」により被災した被災地での食品提供を安全性を確保しつつ実施することから、食品表示...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る