電動自転車が人気 独消費者団体が中古市場の育成を要望


欧州で電動アシスト自転車(eバイク)の人気が高まる中、高額で製品寿命の短い製品が多いなどとして、ドイツの消費者団体vzbvが中古市場の育成に乗り出すよう政府に求めた。同団体は「気候変動対策に役立つ製品が贅沢品であってはならない。多くの消費者が入手できるよう政治家は行動を起こす必要がある」と呼びかけている。

vzbvの調査によると、eバイクを所有している人は16%で、今後購入を予定している人が5%。およそ5人に1人が所有する一方で、購入者の42%が2000ユーロ(約25万円)以上を、23%が3000ユーロ(約38万円)以上を出費。高価格がネックとなり、低所得層での普及が遅れていることがわかった。

また、80%の人がeバイクを10年以上使いたいと考えていたが、バッテリーを交換できない製品も多く出回っていることが判明。中古市場も未発達で、バッテリー寿命を懸念して中古品の購入をためらう人も多かった。

vzbvは「耐用年数が10年以上ある製品は地球温暖化対策に大きく寄与する。魅力的な価格・品質のモデルが求められている」と指摘。政府に品質基準やエコデザイン規制の導入を求めるとともに、中古市場の育成を呼びかけた。修理のしやすさ、バッテリー交換の簡便さなどに関する法整備が必要だとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  2. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c
  3. 消費者庁
    特定商取引法に違反する悪質業者を国や都道府県に通報する「申出制度」の押印が廃止され、PDF形式によるc
  4. ホワイトハウス
    米民主党のジョー・バイデン氏が1月20日、第46代大統領に就任したことを受け、主要な消費者・非営利団c
  5. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る