【豪州】タカタなど製品安全優先事項発表 消費者権利デー前に

3月15日の世界消費者権利デーを前に、ACCC(豪競争・消費者委員会)は今年の製品安全優先事項を発表した。全国消費者会議(14日、メルボルン)で講演したロッド・シムズ委員長は「ACCCにとって消費者団体は炭鉱のカナリアだ」と述べ、消費者保護をさらに進めると発言。今年の取り組みとして、タカタ製エアバッグのリコール問題を最優先事項の一つにあげた。

製品安全優先事項は、消費者が直面する製品安全問題をリスト化したもの。世界消費者権利デーが開催される3月に、ACCCが毎年公表している。

今年は例年通りタカタ製エアバッグのリコールをリストのトップに取り上げ、次いでクアッドバイク(四輪バギー)の安全性向上、ボタン電池の誤飲防止対策、危険性のある乳幼児用ベッド、ネット通販で販売される製品の安全性、事故データベースの改良などをあげた。この中には新たに「Iot製品」も加えた。

タカタ製エアバッグのリコール問題について、シムズ委員長は「当然ながら我々の最優先事項の一つだ。非常に複雑なリコールを着実に実行するため、産業界や州と協力している。昨年もこの事案に最も多くの時間を割いた」と発言。一方、Iot製品については「今年の世界消費者権利デーのテーマとしても取り上げられているように、潜在的な消費者の安全上の問題を検討する必要がある。将来的なリスクが顕在化する前に規制が必要かを確認することが重要だ」と述べた。

ACCCは消費者保護の一環として、違反企業への罰則の強化を続けてきた。シムズ委員長は「特に大企業は政府からのメッセージを重く受け止める必要がある。脆弱な消費者をターゲットにする企業がこれに気づくまで罰則を強化する必要がある」と発言。「今年もACCCはやるべきことが多い」と締めくくった。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る