【欧州】捻挫にアイシングは回復に逆効果 消費者団体が論文検証

ポルトガル最大の消費者団体DECOは7月20日、足首の捻挫や肉離れに氷を用いることは回復の逆効果になる可能性があるとして、正しい回復方法を学ぶよう消費者に呼びかけた。研究論文を示しながら最新のアプローチを解説している。

DECOは、氷などを患部に当てる「アイシング」について、「過去40年間、抗炎症薬の服用とともに行われてきた慣行だが、回復については効果がないことが証明されている」と指摘。1978年のGabe Mirkin博士の論文や2012年のRICE関連レビュー、さらには2015年のGabe Mirkin博士の研究報告などを根拠として示した。これらの文献によると、アイシングは痛みを軽減するのに役立つが、再生に関与する細胞が損傷部位に入るのを妨げ、回復を遅らせることが示されたという。また、抗炎症薬も回復を遅らせるため、研究では避ける必要があると指摘されていた。

新たなアプローチとして、DECOはカナダの理学療法士Blaise Dubois氏とJean-François Esculier氏によって示された手法を紹介。けがをした日から数日(1~3日程度)は痛みが増すような活動を避ける▽可能な限り負傷した部位を心臓よりも高い位置に維持する▽アイシングや抗炎症薬は避ける▽腫れを減らすためにゴムバンドを使用する――などを示した。このアプローチでは、奇跡的な回復方法を探すのではなく、自然に治癒するまである程度時間がかかることを受け入れることが重要だと指摘している。ポジティブな思考や痛みを伴わない有酸素運動など包括的なリハビリテーションプロセスが提唱されているという。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. CPSC
    米消費者製品安全委員会(CPSC)は11月22日、Otteroo Corporationが販売する乳c
  2. 消費者庁
    ◎消費者委員会の意見踏まえ 河野太郎消費者担当大臣は11月29日、電気料金の約3割から4割を占めるc
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会(日本生協連)は12月8日、お米についてのアンケート調査結果を発表した。全体のc
  4. 愛知県
    愛知県は11月30日、県内窓口に寄せられた今年度上半期(4月~9月)の消費生活相談概要を公表した。「c
  5. 免研アソシエイツ協会
    消費者庁は11月18日、健康食品の摂取でがんや難治性の疾患を改善する効果があるかのように表示していたc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る