乳幼児の事故対策調査 ブドウは4等分、半数が「知らなかった」

消費者庁は7月20日、乳幼児の事故に関する消費生活意識調査結果を公表した。転落や誤飲、窒息、溺水などの事故対策の認知度について尋ねたところ、乳幼児を自転車に乗降させる際の正しい手順や球形の食品の与え方などの項目で半数以上の人が認知していないことがわかった。

調査結果によると、半数以上の人が認知していなかった事故対策は以下の3項目。

転落事故対策となる「乳幼児2人を自転車の前後の席に乗せるときは、後ろの席から乗せる、前の席から降ろす、の順番を守る」との項目は、56.3%が「知らなかった」と答え、認知率が最も低かった。

次いで誤飲・窒息事故対策となる「ブドウなどの球形の食品は4等分にする(4歳頃まで)」は54.5%、窒息事故対策となる「硬めの敷布団を使う(1歳頃まで)」は53.3%が認知していなかった。

そのほか認知率が低い事故対策として、「窓が大きく開かないよう補助錠を付ける」(47.9%)、「乳幼児が浴室に入らないよう外鍵やベビーゲートを設置する」(47.0%)などが続いた。

また、事故対策として認知していながら実践している割合が低かった項目として、「窓が大きく開かないように補助錠を付ける」(実践率54.8%)、「海や川で遊ぶときはライフジャケットを着用させる」(同56.2%)、「乳幼児が浴室に入らないよう外鍵やベビーゲートを設置する」(同63.0%)などが上位にあがった。消費者庁は「事故対策用の物品を別途用意する必要があるものに集中している」と分析している。

調査は6月30日~7月2日、全国15歳以上の男女5000人を対象に実施した。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  2. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac
  3. NCL
    米国最古参の消費者団体、ナショナル・コンシューマー・リーグ(NCL)は2月6日、2022年版トップテc
  4. アンケート調査
    日本産業協会(矢島良司会長)は2月1日、2022年度消費生活アドバイザー資格試験に478人が合格したc
  5. エシカル甲子園
    徳島県が主催し、消費者庁が後援する「エシカル甲子園」。その今年度優勝校と特別賞受賞校の2校が1月24c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る