消費者の視線調査、広告表示の課題提示 消費者庁🔓

  • 2018/6/8
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

消費者庁は6月7日、打消し表示が強調表示のすぐ近くに記載されていても消費者が認識できない表示方法の場合は、景品表示法上問題となる場合があるとする考えを再度、示した。消費者が広告のどこを見ているか眼球の動きから計測できる「アイトラッキング装置」を使った調査結果を踏まえ、どのような表示が認識されるかされないか、認識されない場合は問題表示として判断していく。

消費者の視線調査から問題表示改善を提示する消費者庁(7日)

広告表示に関する科学的な「視線調査」は初めて。この調査は、動画広告、紙面広告、スマートフォンのウェブページの広告例をもとに、20歳代から60歳代の男女49人にアイトラッキング機器を用いて実施したもの。アイトラッキングは、人の眼球の動きからどこを見ているかを計測する技術のことで、視線の停留時間やその軌跡も計測した。その後にインタビュー調査を実施し、表示内容を認識していたかどうかを聴取した。

調査結果によると、閲覧時間に制限のない紙面広告やスマートフォンの…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は11月3日、消費者調査の結果、国内で最悪のホテルチェーンに「ブリタニア...
  2. 消費者庁
    OECD(経済協力開発機構)が11月12日から16日までを「製品安全週間」と位置づけ、「オンライン上...
  3. アルミ缶一般回収協力者表彰式
    アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は11月13日、東京・千代田区の如水会館で、2018年度アル...
  4. 全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会
    違法なマルチ商法や預託商法を展開し破綻したジャパンライフ。今年3月に破産手続の開始が東京地裁で決定さ...
  5. 宮腰大臣あいさつ
    消費者庁などが主催した「食品に関するリスクコミュニケーション」が11月12日、東京四谷の主婦会館「プ...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る