不十分な給湯設備の転倒防止策 国セン徳島実証テスト🔓

国民生活センターは6月7日、徳島県での実証フィールド事業の一環として電気給湯設備対象のテスト結果を発表した。県内100軒のモニター家庭の電気給湯設備を調査したところ、国土交通省の告知にかなった転倒防止措置を講じていない設備が63件あった。ボルトで固定されずにただ「置いてある」だけの電気給湯設備も6件あった。同センターは徳島県での調査結果は全国にも共通の課題を持つ可能性があるとして、貯湯タンク設置の際は、基準にそった転倒防止策の実施を設置事業者に依頼するよう消費者にアドバイスした。

初の徳島実証テスト結果を発表する国民生活センター(7日)

今回のテストは国民生活センターが徳島県で実施する「先駆的テスト」の一環。電気給湯設備は東日本大震災や熊本地震でも転倒事故発生が報告されており、今後の南海トラフ巨大地震に備えたテストとして実施された。

貯湯タンクなどの転倒テストは他県で実施したが、徳島県での実証実験としては、電気給湯設備を設置する県内100軒のモニター家庭の協力を得て取り組んだ。当該設備については2013年4月1日以降から国土交通省告知によって転倒防止措置が所有者に義務化され、設置基準が提示されている。その基準に合致しているかどうかなどを調べた。

それによると、モニター家庭100件の貯湯タンクのうち…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験
    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. 風力発電
    英国の非営利助言団体「シチズンズ・アドバイス(citizens advice)」は11月8日、陸上風...
  4. イベント
    企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月1...
  5. 英国の消費者団体Which?
    キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がま...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る