全国有料老人ホーム協会、電話相談実施へ 23日~25日

公益社団法人・全国有料老人ホーム協会の「苦情処理委員会」は10月23日(火)から25日(木)までの3日間、「有料老人ホームなんでも相談~有料老人ホーム110番」を開設する。時間は午前10時から午後4時まで。フリーダイヤル(0120-180-885)で受け付ける。

この「110番」は同協会が有料老人ホームなどの入居者及び入居希望者からの相談・苦情・意見・希望などを受ける目的で同協会「苦情処理委員会」で1997年から実施してきたもの。

今年度は今回だけではなく、来年3月にも実施を予定している。

毎年幅広い相談を受け付け、解決した問題も多い。昨年度の「110番」には次のような事例が寄せられた。

「食費が値上げになる予定だが、食費をはじめサービス料金の値上げについて規制はないのか」

「親がホームを退去した。入居時に支払った入居準備金は返還されないのか返還されないのか。ホームは返還できないと言っている」

「ホームに入居している要介護四の母に口調厳しく注意するスタッフがいる。母はおびえている。スタッフの対応が疑問。不信感がある」

一方、ホームに関する相談では

「入居する際の費用について教えて欲しい」

「看取りをしてくれるホームに入居したいが、どんな手順で探せばいいのか」

「要介護認定を受けていなくても有料老人ホームに入居は可能か」

相談者には希望により弁護士による別途面接相談の機会も設定される。同協会では「悩まずにまずは相談を」と呼びかけている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」10月1日号より転載)

関連記事

新着記事

  1. 池本誠司消費者委員会委員長代理
    ジャパンライフ事件をはじめ大規模被害が繰り返されてきた預託商法への対策として、消費者委員会の池本誠司...
  2. 消費者庁
    消費者庁は5月20日、地方公共団体の食品ロス削減への取組状況を発表。全ての都道府県や指定都市で取組を...
  3. NACS(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)の東日本支部は5月18日...
  4. 「泣き寝入りは超いやや!」が口癖の消費者庁のゆるキャラ「イヤヤン」が5月18日、横浜市や東京都内に出...
  5. コンシューマー
    生活上のトラブルに対して助言をおこなう非営利団体「シチズンズ・アドバイス(Citizens Advi...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る