広告の苦情など受付件数、初の1万件超す JARO

  • 2018/6/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本広告審査機構(JARO=ジャロ)は6月12日、昨年度の広告・表示の審査概況を発表。JAROに寄せられた苦情などの総受付件数が1万300件となり、初の1万件を超えたことを明らかにした。苦情の1位は「デジタルコンテンツ等」。2位が「携帯電話サービス」に絡んだもの。表示違反が疑われる広告に対する「警告」件数は28件。それらを含む「見解」の発信は32件だった。不適正表示は健康食品、化粧品、医薬部外品に目立った。

JAROは広告・表示に関する自主規制機関。消費者からの相談を受け付け、調査・審査した上で、事業者への「警告」「要望」「提言」などの「見解」を発信、広告適正化を図っている。

6月12日発表の「2017年度の審査概況」によると、広告・表示に関する苦情などの総受付件数は1万300件となり、初の1万件を突破したことがわかった。苦情は7547件だった。その1位は「デジタルコンテンツ等」に関するもので、「ふるさと納税情報サイト」や「求人」「ゲーム」などのアプリなどが目立ったという。苦情の2位は「携帯電話サービス」。複数の通信事業者のテレビCM表現や料金プランの説明に対する意見も多かった。

法律違反や是正や、その検討の必要がある広告・表示に対する「見解」の発信は32件。うち「警告」28件、「要望」2件、「提言」2件だった。これら「見解」の対象となった業種は多い順から「健康食品」「化粧品」「医薬部外品」。初めて「仮想通貨」取引所のウェブサイトに関する事案も扱った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る