広告の苦情など受付件数、初の1万件超す JARO

  • 2018/6/13
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

日本広告審査機構(JARO=ジャロ)は6月12日、昨年度の広告・表示の審査概況を発表。JAROに寄せられた苦情などの総受付件数が1万300件となり、初の1万件を超えたことを明らかにした。苦情の1位は「デジタルコンテンツ等」。2位が「携帯電話サービス」に絡んだもの。表示違反が疑われる広告に対する「警告」件数は28件。それらを含む「見解」の発信は32件だった。不適正表示は健康食品、化粧品、医薬部外品に目立った。

JAROは広告・表示に関する自主規制機関。消費者からの相談を受け付け、調査・審査した上で、事業者への「警告」「要望」「提言」などの「見解」を発信、広告適正化を図っている。

6月12日発表の「2017年度の審査概況」によると、広告・表示に関する苦情などの総受付件数は1万300件となり、初の1万件を突破したことがわかった。苦情は7547件だった。その1位は「デジタルコンテンツ等」に関するもので、「ふるさと納税情報サイト」や「求人」「ゲーム」などのアプリなどが目立ったという。苦情の2位は「携帯電話サービス」。複数の通信事業者のテレビCM表現や料金プランの説明に対する意見も多かった。

法律違反や是正や、その検討の必要がある広告・表示に対する「見解」の発信は32件。うち「警告」28件、「要望」2件、「提言」2件だった。これら「見解」の対象となった業種は多い順から「健康食品」「化粧品」「医薬部外品」。初めて「仮想通貨」取引所のウェブサイトに関する事案も扱った。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマーリポート
    クレジットカード発行会社が、会員に無料提供してきた特典の廃止・縮小を加速させている。シティーバンクは...
  2. 香港消費者委員会
    消費者問題に関する報道を表彰する第18回コンシューマー・ライツ・レポーティング・アワード(CRRA)...
  3. コンシューマーリポート
    「新車にスペアタイヤが付いてないことに気づいた! 私は騙されたの?」――。そんな消費者の質問に対する...
  4. 東京都庁
    東京都はこのほど昨年度のインターネット広告の監視事業結果を発表。2万4千件の広告を監視し、うち338...
  5. 電気ポットのパッキン
    お湯を沸かして保温する「電気ポット」に関連した子どものやけど事故が5年間に206件起きていることが8...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る