アマゾン名乗る架空請求、注意喚起後も相談殺到 東京都

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

アマゾンを名乗る架空請求に関する相談が依然として相次いでいるとして、東京都消費生活総合センターが注意を呼びかけている。同センターは昨年11月にも同様の注意喚起を行ったが、その後も相談が殺到。今年3月には直近1年間で最も多い534件の相談が寄せられていた。

都内の消費生活センターに、アマゾンを名乗る架空請求の相談が昨年4月から今年3月までの1年間に3851件あった。都消費生活総合センターは昨年11月、悪質手口などについて注意を呼びかけたものの、その後も相談が殺到。2月には404件と初めて400件台を超え、3月には1年間で最も多い534件と急増していた。

主な手口は、「未納料金が発生しているので、本日中に連絡がない場合は法的措置に移行する」とのSMS(ショートメールサービス)を送り付けるというもの。不安を覚えた消費者が電話番号に連絡すると、動画サイトの利用料金として30万円近い金額を請求。コンビニでギフト券を購入するよう指示し、その番号を聞きだして金銭を盗み取る。

実在するアマゾンジャパン合同会社と架空請求事案とは無関係。同社はSMSで未納料金を請求することはなく、未納料金の支払方法として利用者にギフト券を購入させてそのカード番号を連絡させることもない。

過去にはヤフーやDMM.comなど別の大手サイトを名乗る架空請求が横行した経緯があり、都消費生活総合センターは「こうした手口には注意が必要だ」と呼びかけている。

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. ACAPわたしの提言表彰式
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月15日、都内で新春講演会を開き、第35回2019年...
  2. NCL
    1899年創設の米国最古の消費者団体、全米消費者連盟(NCL)は1月16日、現代社会問題に切り込むポ...
  3. 電話相談
    第二東京弁護士会の消費者問題対策委員会は、1月24日に電話相談「医療過誤・薬害110番」を開催する。...
  4. 英国の消費者団体Which?
    英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の乗客1人当たりの二酸化炭素排出量が、ライバル会社と比...
  5. 愛知県
    愛知県で1月27日から、通訳を介した外国人向け消費生活相談が開始される。実施するのは公益財団法人愛知...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る