広告の苦情など受付件数、初の1万件超す JARO

日本広告審査機構(JARO=ジャロ)は6月12日、昨年度の広告・表示の審査概況を発表。JAROに寄せられた苦情などの総受付件数が1万300件となり、初の1万件を超えたことを明らかにした。苦情の1位は「デジタルコンテンツ等」。2位が「携帯電話サービス」に絡んだもの。表示違反が疑われる広告に対する「警告」件数は28件。それらを含む「見解」の発信は32件だった。不適正表示は健康食品、化粧品、医薬部外品に目立った。

JAROは広告・表示に関する自主規制機関。消費者からの相談を受け付け、調査・審査した上で、事業者への「警告」「要望」「提言」などの「見解」を発信、広告適正化を図っている。

6月12日発表の「2017年度の審査概況」によると、広告・表示に関する苦情などの総受付件数は1万300件となり、初の1万件を突破したことがわかった。苦情は7547件だった。その1位は「デジタルコンテンツ等」に関するもので、「ふるさと納税情報サイト」や「求人」「ゲーム」などのアプリなどが目立ったという。苦情の2位は「携帯電話サービス」。複数の通信事業者のテレビCM表現や料金プランの説明に対する意見も多かった。

法律違反や是正や、その検討の必要がある広告・表示に対する「見解」の発信は32件。うち「警告」28件、「要望」2件、「提言」2件だった。これら「見解」の対象となった業種は多い順から「健康食品」「化粧品」「医薬部外品」。初めて「仮想通貨」取引所のウェブサイトに関する事案も扱った。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る