徳島で国際消費者フォーラム 世界のエシカルリーダーが議論

徳島県は10月25日、「とくしま国際消費者フォーラム2022」を開催した。3年目となる今回は初のリアル開催となり、会場には定員となる約200人が詰めかけ、オンラインには国内外から約80人が視聴参加した。3部構成のセッションでは、各国からエシカル消費、消費者教育、消費者政策のトップリーダーが集結し、未来志向の議論を世界に向けて発信した。

とくしま国際消費者フォーラム2022

エシカル、消費者政策、消費者教育の世界的リーダーが集まった「とくしま国際消費者フォーラム」。未来志向の提案を世界に向けて発信した(写真提供・徳島県消費者政策課)

フォーラム会場となった「JRホテルクレメント徳島」は2019年に日本初となるG20消費者政策国際会議(消費者庁・徳島県共催)が開かれた場所。G20加盟国を含む計38カ国・地域の国際機関代表者が一堂に会し、デジタル時代における消費者政策の課題を世界に発信した。そのレガシーを引き継ぎ、県は2020年から同フォーラムを毎年開催してきた。今回が初のリアル開催となる。

テーマは『未来につなぐ!持続可能な社会に向けた「消費者の新たな挑戦」』。欧米やASEAN諸国などのエシカル消費トップリーダーによるセッション、日本・マレーシア・フィリピン・タイの大学生による未来セッション、消費者庁との共同セッションが行われ、国際消費者機構(CI)事務局長のヘレナ・ローラン氏がビデオメッセージを寄せるなどした。

第1部のセッションではエシカル消費のトップリーダーが「将来のデジタル消費者に力を与える」をテーマに議論を交わし、未来志向の提案を世界に発信した。英エシカルコンシューマー誌のロブ・ハリソン編集長はZ世代にエシカル消費が広がっていることを紹介し、「持続可能な消費を実現するには、市場に出ていく前に、まずは学校教育で学んでおくことが重要だ」と強調。徳島県が進める教育現場での取り組みに期待を寄せた。

また、ファッション分野のエシカル度評価アプリを運営する豪グッドオンユーのゴードン・ルノフ代表は「消費者が責任ある選択をするには製品やサービスが生まれるプロセスを透明化しなければいけないが、多くのブランドがそうなってはいない」と指摘し、グリーンウォッシング(環境配慮を装った表示)の排除や情報公開の義務化など政策による後押しが必要だと訴えた。

フォーラムの様子は「とくしま国際消費者フォーラム2022」特設サイトで来年以降に公開する予定。徳島県は同フォーラムに加え、エシカル甲子園の開催、消費者志向経営の推進など先進的な取り組みを展開中。2025年の大阪・関西万博でも、こうした取り組みを世界に向けて発信していくとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る