「危害」相談1948件 基礎化粧品、美容医療が増加 東京都

都内の消費生活センターに寄せられた2022年度の「危害」に関する相談は前年度比7.6%増の1948件だった。2132件となった19年度から2年連続で減少していたが、22年度は増加に転じた。内容別では「皮膚障害」と「その他の傷病及び諸症状」が、商品・役務別では「基礎化粧品」と「美容医療」が前年度に続きそれぞれ1位と2位になった。

相談の抽出・分析を行った都消費生活総合センターは「被害に遭った場合は速やかに使用・利用を止めた上で医療機関を受診するとともに、事業者に申し入れを行ってほしい」と呼びかけた。今後の被害防止つながる可能性があるという。

同センターによると、被害者の76.6%が女性で、年代別では50歳代が22.0%、次いで40歳代が16.1%となった。危害の程度では54.2%が「医者にかからず」、25.2%が「治療1週間未満」だったが、6.6%が「1カ月以上」と危害程度が重い相談もあった。死亡に至った危害相談(0.3%)については、多くが医療行為や看護行為に関わる事例だった。

内容別では「皮膚障害」が718件と最も多く、「化粧品、美容医療、健康食品、エステティックサービス等の利用により、皮膚にかゆみが出た、発疹が出た、肌荒れを起こした」といったもの。次いで「その他の傷害及び諸症状」が525件で、「美容医療の施術による顔面変形、痛み、腫れ、内出血」、「歯科治療による腫れ、 痛み、かみ合わせのバランスが悪い」などの事例が寄せられた。3位は「消化器障害」で155件。「サプリメントなど健康食品の摂取により下痢や嘔吐、気分が悪くなった」という内容が目立った。

商品・役務別では、乳液や化粧クリームなどの「基礎化粧品」が前年度比40.8%増の214件と大きく増加し前年度に続き1位となった。前年度に続き2位の「美容医療」も23.2%増の186件と増加し、医療脱毛やインプラントなどの歯科治療の相談が多かった。3位は「頭髪用化粧品」(134件)、4位は「健康食品」(123件)、5位は「メイクアップ化粧品」(90件)だった。

原因については、商品・サービスに明らかに欠陥があるもの、 事業者の説明や表示が不十分なもの、消費者の使用方法に問題があるもの、消費者の体質に合わないものなど多岐にわたった。同センターは「事故に遭わないためには、商品などの取扱説明書や表示を事前によく確認し、正しい使用・利用に努めることが大切だ」と呼びかけるとともに、発生状況や傾向について今後も注視していく方針だ。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 日本ヒーブ協議会定時総会
    日本ヒーブ協議会は4月19日、今年度定時総会と記念公開講演会を会場及びオンライン参加との併用で開催、c
  2. ろうそくの燭台
    ◎火の点いた芯飛ぶことも 東京消防庁管内で2022年、ろうそくによる火災が36件発生し、過去10年c
  3. 子どもケミネット
    ◎発足2年目 国際プラスチック条約会合でロビー活動も 昨年4月に発足した「有害化学物質から子どもをc
  4. 公益科学センター
    米食品医薬品局(FDA)は5月8日までに、動物における意図的なゲノム改変(IGA)の規制・承認アプロc
  5. ベニコウジ色素
    ◎食の安全グローバルネット、研究者招き呼びかけ 4月24日、参議院議員会館で「紅麹(小林製薬)とベc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る