ローラー式マッサージ器の使用中止と回収呼びかけ 消費者庁

  • 2017/10/19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

的場電機製作所(埼玉県川越市)が製造販売した家庭用ローラー式電気マッサージ器で高齢者の死亡事故が発生していることを踏まえ、消費者庁は当該製品所有者に対し、使用を中止し、メーカーへの連絡を呼びかけた。当該製品は1983年から96年に製造された2機種、約78万台が販売された。

的場製作所が製造した当該健康機器は「アルビシェイプアップローラー」と「シェイプアップローラーⅡ」という2機種。83年から96年までの13年間で、前者は約42万台、後者は約36万台、計78万台が製造販売された。

その後、99年、2003年、08年、12年(3月)、14年(5月)にローラーの布カバーが首に巻き付き窒息するなどの事故が発生。事故にあった人は60代から70代の女性という。今年7月には北海道で70代女性が同様の窒息事故にあった。消費者庁は当該事故発生を重視し、8月に事故防止への注意喚起を消費者に呼びかけていた。

メーカーの的場電機製作所が回収措置を発表したことを踏まえ10月18日、消費者庁は当該製品のリコールを同社が実施していること、当該製品を保有している消費者は、速やかに使用を中止し、的場電機製作所に連絡するよう、消費者に呼びかけた。

消費者庁によると、当該健康器具は布カバーが施されたローラー部分に足の裏を置いて使用する。回転するローラー部分が足裏をマッサージする。死亡事故は、そのローラー部分を首に押し付けたり、ローラー部分に首を置いたりして使用し、その際、布カバーなどがはがれて首に巻き付き、窒息したものと判断された。そのため、適正な使用法ではない「消費者の誤使用」であり、製品由来ではない、との判断が示されている。

だが、使用実態から、同様の類似事故発生の可能性があることから、的場電機製作所がリコールに着手することになったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. イオン景品表示法違反チラシ
    新聞折り込みチラシに「本日限りの厳選特価」「お1人さま1点限り」などと表示しながら、セール前から特売…
  2. 農水省オリジナル自販機
    国産食材使用の飲料のみを集めたオリジナル自動販売機が農水省内に登場した。来庁者に国産食材の消費拡大の…
  3. ジャガイモ調理
    環境省は4月17日、国内で発生した食品ロスの最新推計値を公表した。 2015年度の食品廃棄物は…
  4. 段ボール
    インターネット通販の商品配送に絡んだ苦情が相次いでいるとして、英国の広告規制機関ASAなどが、「どこ…
  5. 高齢者
    消費者トラブルに遭った高齢者が周りにいるか聞いたところ、25.5%の人が「いる」と回答したことが、神…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る