5月の「消費者月間」テーマ決定

  • 2018/2/15
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

毎年5月は消費者月間。消費者庁は2月15日、今年の月間テーマを「ともに築こう 豊かな消費社会~誰一人取り残さない~」と決定したことを明らかにした。国連が提示したSDGs(持続可能な開発目標)の精神として各国に求めている「誰一人取り残さない世界の実現」を踏まえたという。今年は、消費者基本法の前身で「消費者月間」設置の契機となった消費者保護基本法公布50周年にあたり、9月からは消費者庁・消費者員会発足10周年目に入る。岡村和美長官は「その点も重視した消費者月間として位置付けていく」としている。

消費者月間は、1968年に消費者保護基本法が公布された5月にちなみ、毎年開催されている。同法から消費者基本法へと全面改正・公布(6月)されて以降も5月の開催が継続されてきた。毎年月間テーマに沿って各地で関連イベントが予定される。

今年の月間テーマは、「ともに築こう 豊かな社会~誰一人取り残さない~」。国連提唱のSDGsの精神である「誰一人取り残さない世界の実現」を目標に、エシカル消費の推進、食品ロスの削減、消費者志向経営の推進などを、消費者・事業者・行政の共通の課題としてアピールしていく。岡村和美消費者庁長官は、「様々な主体が当事者としてそれぞれの役割について考え、行動していただくための契機となるよう、消費者月間の意義を訴えていきたい」としている。

今年は、消費者保護基本法公布50年にあたる。また、9月からは消費者庁・消費者委員会ができてから10周年目に入る。消費者庁発足時の制度設計と現実の運用課題などについて問題点を総ざらいし、今後の消費者行政のグランドデザインを検討する機会ともなる。岡村長官は「その観点からも消費者月間の意義は大きい」としている。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    10月16日の国連「世界食料デー」にあわせ、国際消費者機構(CI)はツイッター上で「誰もが健康で栄養...
  2. 北海道
    世界的な原油高を背景に灯油の価格上昇が続いていることを受け、北海道消費者協会(畠山京子会長)と札幌消...
  3. コンシューマーリポート
    インターネット通販に押され、10月15日に破産申請を行った米国の小売り大手シアーズ・ホールディングス...
  4. 遺伝子組み換え表示説明会
    遺伝子組み換え表示制度の一部見直しに関するパブリックコメントが開始された。これに伴い10月15日、東...
  5. 赤信号
    「血液がサラサラになる」などとうその効能を告げるなどしてサメ軟骨健康食品を勧誘していたとして、埼玉県...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る