5月の「消費者月間」テーマ決定

  • 2018/2/15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年5月は消費者月間。消費者庁は2月15日、今年の月間テーマを「ともに築こう 豊かな消費社会~誰一人取り残さない~」と決定したことを明らかにした。国連が提示したSDGs(持続可能な開発目標)の精神として各国に求めている「誰一人取り残さない世界の実現」を踏まえたという。今年は、消費者基本法の前身で「消費者月間」設置の契機となった消費者保護基本法公布50周年にあたり、9月からは消費者庁・消費者員会発足10周年目に入る。岡村和美長官は「その点も重視した消費者月間として位置付けていく」としている。

消費者月間は、1968年に消費者保護基本法が公布された5月にちなみ、毎年開催されている。同法から消費者基本法へと全面改正・公布(6月)されて以降も5月の開催が継続されてきた。毎年月間テーマに沿って各地で関連イベントが予定される。

今年の月間テーマは、「ともに築こう 豊かな社会~誰一人取り残さない~」。国連提唱のSDGsの精神である「誰一人取り残さない世界の実現」を目標に、エシカル消費の推進、食品ロスの削減、消費者志向経営の推進などを、消費者・事業者・行政の共通の課題としてアピールしていく。岡村和美消費者庁長官は、「様々な主体が当事者としてそれぞれの役割について考え、行動していただくための契機となるよう、消費者月間の意義を訴えていきたい」としている。

今年は、消費者保護基本法公布50年にあたる。また、9月からは消費者庁・消費者委員会ができてから10周年目に入る。消費者庁発足時の制度設計と現実の運用課題などについて問題点を総ざらいし、今後の消費者行政のグランドデザインを検討する機会ともなる。岡村長官は「その観点からも消費者月間の意義は大きい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?が主催する「Which?アワード」の2018年受賞企業が5月23日、発表…
  2. 買い物袋の巻き込み
    傘を巻き込んで転倒したり、回転部で指を切断したりするなど、自転車による製品事故が相次いでいるとしてN…
  3. 消費者庁子どもの事故防止対策調査
    徳島県に設置された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」は県内0~6歳児の保護者関係者や保育士への…
  4. 英国の消費者団体Which?
    スーパーマーケットの巨人、テスコが運営していた非食料品分野の通販サイト「テスコ・ダイレクト」が7月9…
  5. 東京都
    東京都消費生活総合センターは、3月に実施した特別相談「若者のトラブル110番」の結果をまとめた。 …

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る