28の消費者団体が「戦争反対」共同声明 対話による外交提唱

◎「いのちと暮らしを尊ぶ平和な社会を」

主婦連合会とNPO法人日本消費者連盟は2月6日、主婦会館「プラザエフ」で会見に臨み、「いのちと暮らしを尊ぶ平和な社会を」と呼びかける消費者団体共同声明を発表した。共同声明には当日までに全国の消費者団体28団体が連名しており、その数は増加傾向にある。今国会で審議される防衛費増額、反撃能力保有などを盛り込んだ安保3文書に反対し、「戦争を回避の抑止力は対話による外交」と呼びかけている。

28団体戦争反対共同声明

敵基地攻撃能力の保有と防衛費増大に反対する共同声明を発表する消費者団体。28団体が連名し、戦争反対をアピールした(2月6日、主婦会館にて)

記者会見は主婦連合会会長・河村真紀子さん、日本消費者連盟事務局長・纐纈美千代さん、神奈川県消費者団体連絡会事務局長・庭野文雄さん、東京都地域消費者団体連絡会共同代表・奥田明子さんの4人が臨んだ。

ロシアのウクライナ侵攻から1年、「対話による外交」こそ必要とし、世界が戦争へと突き進むことにストップをかけることを呼びかける内容となっている。

声明文は「私たちの活動も平和な社会が保障されているからこそ、可能であることは言うまでもない。1957年から毎年開催している全国消費者大会では、憲法に則った平和主義の大切さを確認し続けている。消費者団体とともに消費者運動を担う生活協同組合は、平和とよりよい生活のために、をスローガンに掲げている。その根底にあるのは二度と戦争を起こしてはいけない、起こさせてはいけない、という強い意志」「平和な暮らしを妨げ、いのちを脅かす一切のものを拒否することが消費者運動の基本。いのちと暮らしを尊ぶ平和な社会を求め、敵基地攻撃能力(反撃能力)の保有と防衛費の増大に反対する」と訴える。

28団体の参加団体は声明への賛同数を増やす活動を今後も展開していくとしている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」3月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る