迷惑メール通報ソフトに最新版、50通を一括送信 総務省

総務省が迷惑メールを通報するための新しいプラグインソフトを配布している。今回の最新バージョンはマイクロソフトのメールソフト「Outlook2016」に対応し、ワンクリックで通報可能となった。

通報ソフトの正式名称は「SpamsenderOL2016」(スパムセンダーオーエル2016)と「SpamsenderOL2016_64」。前者が「Outlook2016」の32ビット版、後者が同64ビット版に対応する。ちなみに名称の中にある「OL」は「Outlook」の略だという。配布要望があったことから、新たに開発。総務省の専用サイトからダウンロードできる。

最新版をインストールすると、メールクライアントソフトに「情報提供」ボタンが追加される。このボタンをクリックすることにより迷惑メールを簡単に通報できる。通報先はこれまでと同様、日本データ通信協会が運営する迷惑メール相談センター。ここで情報収集や違反者への調査が行われ、その結果をもとに総務省と消費者庁が特定電子メール法に基づく措置命令を下していく。

最大50通まで一度に送信可能(1通当たり1MB以下の場合)。通報した迷惑メールはインストール時に作成される「情報提供済みフォルダ」へ自動で隔離される。

総務省は2011年から迷惑メール通報ソフトを無料配布する取り組みを開始した。今回のソフトを含め、新旧7バージョンが用意されていて、メールソフトのバージョンに応じたものを選ぶことができる。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペットボトル協働回収
    自動販売機の横に設置されているリサイクルボックスについて、ゴミ箱ではないことを「知らなかった」人が4...
  2. 電話相談
    日本弁護士連合会と各地域の弁護士会は11月11日、電話相談「全国ファクタリング被害ホットライン」を実...
  3. フランス消費者同盟
    フランスの消費者団体「フランス消費者同盟」(UFC)は10月20日、欧州議会議員(MEP)が二酸化チ...
  4. マヨテラスがある仙川キユーポートにある
    キユーピーは10月19日、新型コロナ感染拡大により一時休止していたマヨテラスの見学をオンラインで開始...
  5. コンシューマー
    米非営利団体の憂慮する科学者同盟(UCS)は10月19日、新型コロナ蔓延以降、郵便物の遅配に関する消...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る