<米国>病状をネット検索する危険性 防衛ツールを推奨

米消費者情報誌コンシューマー・リポートは5月17日、病気の症状をグーグルなどの検索サイトで調べた場合、2つのリスクがあると指摘した。

2つのリスクとは、誤った情報を信じて自己診断してしまうリスク、もう一つは個人の病歴や健康状態を第三者にさらしてしまうリスク。医学情報を検索する際は特にプライバシーに注意を払うことが重要だとして、個人情報を記録しない検索エンジン「DuckDuckGo(ダックダックゴー)」や、匿名でサイト閲覧ができるブラウザ「Tor(トーア)」などの利用を勧めている。

医師らによる主要検索エンジン(グーグル、Bing、Ask)を対象とした2014年の調査では、検索結果の上位5番目までの情報のうち正しい内容だったものは約70%だった。ラットガース大学ロバート・ウッド・ジョンソンメディカルスクールのベネット・シェンカー医師は「ごく一般的な病気の検索で、この結果。さらに複雑な病気になると正解率は劇的に低下する」と指摘した。

また、コンシューマー・リポートの調査では、「かぜの症状」を検索した消費者の45%が、その後かぜ薬の広告が表示されるようになったと回答。こうした広告について、半数の人が個人情報に関する不信感を抱いたと答えた。インターネットの専門家は「検索の際に個人情報を入力していないから大丈夫だとは限らない。悪意のある事業者であれば履歴を追跡し、最後には個人情報を特定してしまう」と指摘する。

同誌は医学情報の入手先として、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)や国立衛生研究所など政府機関サイトの利用を推奨。また、ネット検索の防衛ツールとして、検索記録を追跡・保存・共有しない検索エンジン「ダックダックゴー」、匿名性を保持するブラウザ「トーア」、通信内容の漏洩を防ぐ「VPN(仮想プライベートネットワーク )」の利用を勧めた。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る