食品安全はみんなの仕事 7日は世界食品安全デー

6月7日は2回目となる世界食品安全デー(World Food Safety Day、WFSD)――。

今年のテーマは昨年と同様、「食品安全はみんなの仕事(Food safety、everyone’s business)」とし、食品安全への意識向上と行動を呼びかける。WHO(世界保健機関)やFAO(国連食糧農業機関)は「すべての人が食品の安全を確保するために果たすべき役割を担っている」とし、記念デーへの参加を呼びかけた。

世界食品安全デーは2018年12月の国連総会で国連国際デーとして決議されたもの。昨年6月7日に第1回目が開催され、各国の機関や団体が記念イベントを展開した。

WFSDには国や事業者、消費者が担う5項目の行動フレーズが示されており、政府には「国民に安全で栄養価の高い食品を確保する必要がある」と要求、事業者には「食品の安全性を確認する必要がある」と求めた。

そして消費者には「安全で健康的で栄養価の高い食品を食べる権利がある」とし、これらを要求するために声を上げ、行動する役割を求めた。また、5項目の行動フレーズを「食品安全は共通の責任」とし、すべての人がそれぞれの役割を果たすよう呼びかている。

今回は新型コロナウイルスの影響でオンラインイベントがメインになる模様。スイスのWHO本部で5日15時(現地時間)からフェイスブックライブチャットを開催。視聴者はチャットで質問ができるという。また、ツイッター上では国際消費者機構(CI)が消費者にWFSDへの参加を呼びかけたほか、日本の農林水産省も「食中毒に注意が必要なこの時期に、食品安全について考えてみませんか」とつぶやいている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  2. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...
  3. 次亜塩素酸化学工業会
    感染症対策として空間噴霧による次亜塩素酸水の活用を目指し、消毒薬剤メーカーなど12社が一般社団法人次...
  4. 新栄養成分ラベル
    米国の栄養成分表示が約20年ぶりに大幅に改正され、今年に入って大手企業を対象に一部施行されたことを受...
  5. 消費者庁徳島オフィス
    ■恒常的機関との位置づけ 国際消費者政策研究センターも設置 消費者庁は7月30日、徳島市に「新未来...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る