【米国】畜産業への抗生物質販売量9%増 非営利団体が懸念

医療上重要な抗生物質の畜産業への販売量が2018年は前年比9%増と約1割増加したことが米食品医薬品局(FDA)の調べでわかった。これを受け、食品政策を監視する非営利団体U.S.PIRGは12月10日、「CDC(米疾病対策センター)の推計では薬剤耐性菌感染症により15分ごとに1人が死亡している。販売量の増加を懸念している」との声明を出した。

FDAの報告によると、2018年の販売量はピーク時(2015年)から38%減少したものの、前年比で9%の増加となった。最も販売量が多かったのは低コストな抗生物質として知られるテトラサイクリン。前年比12%増の3974トンを売り上げ、全体の66%を占めた。以下、ペニシリンが12%、マクロライドが8%、スルファスが5%など。家畜別では牛が42%を占め、豚が39%、七面鳥が11%、鶏が4%など。

U.S.PIRGなど複数の消費者団体はファストフードや外食レストラン大手に対し、抗生物質不使用の肉類の使用を求めるキャンペーンを展開している。U.S.PIRGは「養鶏では取り組みがかなり進み、抗生物質の使用量が減少しているが、牛と豚は依然として抗生物質に依存し過ぎている」と指摘。「国は畜産業界に対し、抗生物質の使用についての責任を負わすべきだ」とし、抗生物質の使用を病気治療や感染症発生時の予防的措置に限定する規制作りを求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  2. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...
  3. 次亜塩素酸化学工業会
    感染症対策として空間噴霧による次亜塩素酸水の活用を目指し、消毒薬剤メーカーなど12社が一般社団法人次...
  4. 新栄養成分ラベル
    米国の栄養成分表示が約20年ぶりに大幅に改正され、今年に入って大手企業を対象に一部施行されたことを受...
  5. 消費者庁徳島オフィス
    ■恒常的機関との位置づけ 国際消費者政策研究センターも設置 消費者庁は7月30日、徳島市に「新未来...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る