在宅介護を支援するユニバーサルデザインフード、認知度1割未満

将来、在宅介護をする可能性のある人を対象に介護食の認知度を調べたところ、食べやすさに配慮した「ユニバーサルデザインフード」(UDF)を知っていた人が7.4%にとどまることが、キユーピーの調査でわかった。在宅介護では日々の食事の準備に負担を感じる人が多く、市販用介護食をうまく取り入れることが重要とされる。キユーピーは市販用介護食の魅力を伝えるなどして、在宅介護のサポートとなる提案を続けていくとしている。

ユニバーサルデザインフード

ユニバーサルデザインフード(UDF)のロゴマーク。「舌でつぶせる」「かまなくてよい」など4区分と「とろみ調整」がある

ユニバーサルデザインフードは日ごろの食事から介護食まで幅広く使用できる、食べやすさに配慮した食品。食べる人の状況に応じて「容易にかめる」「歯ぐきでつぶせる」「舌でつぶせる」「かまなくてよい」の4つの区分と「とろみ調整」をそろえ、日本介護食品協議会の自主規格に基づいたUDFマークがついている。

5月に実施した調査(30歳以上の男女対象)によると、将来、在宅介護をする可能性のある人(3138人)が最も知っていたのは「ペースト食」(51.3%)。次いで「ゼリー食」(40.6%)、「やわらか食」(39.2%)、「ミキサー食」(38.8%)と続き、ユニバーサルデザインフードは7.4%と1割未満だった。

一方、市販用介護食の利用経験のある介護関与者(588人)に今後の利用動向を聞いたところ、「とても使用したい」「やや使用したい」が77.6%にのぼった。食べる力が弱くなるにつれ「とても使用したい」との意向が高まり、「舌でつぶせる」「かまなくてよい」に該当する食事を家庭で作ることが難しいことがうかがえた。

日本介護食品協議会によると、ユニバーサルデザインフードの2018年生産量は前年比10.2%増の2万4174トンに拡大。特に「かまなくてよい」が45%増と大きく伸長した。政府は在宅介護・在宅医療を推進する方向性を示しており、介護者の負担軽減につながる市販用介護食の重要性が増している。キユーピーは発売20周年を迎えた「やさしい献立」シリーズを展開しており、「口から食べることやおいしい食事の大切さとともに、在宅介護のサポートとなる提案を続けていく」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 農薬危害防止運動ポスター
    農林水産省や都道府県などは共同で、6月1日から「農薬危害防止運動」を展開する。農薬散布が増える時期に...
  2. 公益科学センター
    ジョージア州アトランタ市は、市が管轄する敷地内での食品調達指針を策定し、一定の栄養基準を満たした食品...
  3. トヨタアルフォード
    国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は5月27日、2019年度「自動車アセスメント」評価結果...
  4. 死亡事故が起きているキャバリアチェスト
    米消費者製品安全委員会(CPSC)は5月27日、ふたを閉じると自動でロックする「キャバリア(Cava...
  5. 踏み台からの転倒事故
    いすや踏み台、介護ベッドなどの製品を使用中、バランスを崩すなどして高齢者が転倒・転落する屋内での事故...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る