【米国】プラスチック 6割が「無限にリサイクル可能」と誤解

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米国の消費者団体コンシューマー・アクションの調査によると、6割近くの消費者が「プラスチックは無限にリサイクルが可能」だと誤解していることがわかった。こうした誤解が購買行動に影響を与えていることもわかり、同団体は「プラスチックのリサイクルを理解することは環境汚染と埋め立て処分を抑制することにつながる。消費者は廃棄する時のことを考えて商品を選んでほしい」と呼びかけた。

調査は7月、成人の男女1000人を対象にオンラインインタビュー形式で実施した。

その結果、回答者の73%が環境に配慮した購買行動を心がけていたものの、食品包装の素材別購入割合を聞いたところ、プラスチックが全体の31.8%%を占め、以下、紙17.6%、ガラス瓶16.2%、金属缶15.6%などと続いた。

それぞれの包装材について無限にリサイクル可能だと思うか聞いたところ、58%の人がプラスチックを「可能」と回答。そのほかの素材ではガラスが75%、段ボールが71%、鉄が65%となった。最もリサイクルしやすい包装材を一つだけ選んでもらう項目でも、プラスチックは段ボール(34%)に次ぐ上位2番(26%)にあげられた。

食品包装に使われるプラスチックの多くがリサイクルにより品質が劣化する「ダウンサイクル」型素材で、低品位製品に再生されるか、直接埋め立て処理される。そのことを伝えたうえで、プラスチック包装材を無限にリサイクル可能な金属缶やガラス瓶に切り替える企業を支援するか聞いた項目では、8割近くの人が支援を表明した。

コンシューマー・アクションは「リサイクルへの理解が進み、手ごろな価格で提供されるなら消費者はリサイクル可能な包装材を使った食品を喜んで買うようになる」と分析。また、一部の自治体がコスト高を理由にプラスチックリサイクルからの撤退を検討していることについて触れ、同団体は「企業は環境配慮型包装への切り替えを進めていくべきだ」と呼びかけた。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. スマートフォン
    英国の消費者団体Which?は11月24日、ほぼすべてのインターネット接続製品にセキュリティ対策を求c
  2. vzbv
    修理代が高く、修理する場所も少ないなどの理由から靴の多くが捨てられているとして、ドイツの消費者団体vc
  3. 主婦連サプリメント学習会
    薬害防止活動に尽力する薬剤師の藤竿伊知郎さんが11月24日、主婦連合会主催の学習会で講演し、健康食品c
  4. sns
    豪州の消費者団体CHOICEは11月16日、投資アプリのマーケティング戦略に注意を呼びかけた。宝くじc
  5. 蓮田松韻高校不当表示広告調査
    来年4月からの成年年齢引下げを見据え、埼玉県は県立蓮田松韻高校と連携して11月18日、インターネットc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る