【米国】子ども向けセットメニュー 甘い飲料の排除、徐々に進む

ファストフード店の子ども向けセットメニューからソーダやレモネードなどの甘い飲料を除外する動きが徐々に広がっていることが7月25日、非営利団体の公益科学センター(CSPI)の最新調査でわかった。CSPIは「もはやセットメニューの選択肢にソーダをみかけることは少なくなった」と述べている。

子どもの肥満を予防するため、CSPIは2008年から、ファストフードやレストランなど外食チェーン上位50社を対象に子ども向けセットメニューの調査を開始した。その結果、08年には93%の企業が甘い飲料を提供していたが、その割合は年々減少していき、今年の調査では61%にまで低下した。

一方、上位200社を対象とした調査では、83%が依然として甘い飲料を提供していた。

大手チェーンの取り組みが進んでいる点について、CSPIは「消費者団体などがトップ企業に強く改善を求めてきたからだ」と指摘。マクドナルドが2013年に甘い飲料をミネラルウォーターや牛乳に切り替えると発表したことを皮切りに、14年にはウェンディーズが、15年にはバーガーキングとデイリークイーンがメニューの改善を行ったという。

また、甘い飲料のうち特にソーダ(炭酸飲料)が子ども向けメニューから消えていった背景として、「州や地方自治体の規制が進んできたことがある」と説明。ソーダ税の導入などカリフォルニア州やハワイ州、デラウェア州などが先進的な取り組みを行い、その動きが広がっているとした。

CSPIは「取り組みが進展していることは歓迎すべきことだが、まだまだ不十分だ。すべての外食店舗は、キッズメニューから甘い飲料を取り除く時代が来ていることを自覚すべきだ」と呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 日本生協連藤井専務
    日本生活協同組合連合会(日本生協連)は10月23日、2020年上期(4~9月)の事業状況を報告し、新...
  2. 札幌
    解禁から1年が過ぎたゲノム編集技術応用食品を巡り、北海道消費者協会(札幌市、畠山京子会長)が厚労、農...
  3. 薬害オンブズパースン会議
    薬害、医療被害発生の防止活動を続ける「薬害オンブズパーソン会議」(代表・鈴木利廣弁護士)はこのほど、...
  4. AARP
    米国の高齢者団体AAPRは10月22日、「タッチレス技術で生活がもっと便利になる」として、手を触れず...
  5. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る