【豪州】キャンピングカーの返品巡り訴訟 1人勝訴、3人却下

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キャンピングカー豪最大手のJaycoが消費者の返品の権利を妨げたとして、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)が提訴していた問題で、豪連邦裁判所は11月20日、購入者4人のうち1人との取引で消費者法に違反する行為があったと認定した。返金もしくは交換に応じるべきところを修理対応で済ませようとしていた。残る3人については違法性はないとし、訴えを却下した。

ACCCは「判決内容を慎重に判断する」とコメントしている。

ACCCによると、4人は同社のキャンピングカーを購入したものの、購入時もしくは直後から屋根のすき間から雨漏りがしたり、扉が正常に閉まらなかったりするなどの多数の欠陥が発生。修理を繰り返したものの改善されず、同社に返金や車両交換を求めていた。これに対し、Jaycoは「返品に応じる責任はなく、修理での対応しかできない」などと説明。ACCCはこうした対応が消費者法に違反するとして2017年11月、連邦裁判所に提訴していた。

消費者法では製品に重大な欠陥が生じた場合、消費者に返品・交換する権利があることを規定している。一方、軽微な場合、事業者側が修理、返金、部品交換などの救済策を提示できる。

裁判では事業者が欠陥の重大性が争点となり、4人のうち1人との取引でJayco社の対応が違法行為に当たると認定された。残る3人については訴えが却下された。判決を受け、ACCCは「キャンピングカーは高価で、購入者は数万ドルを支払った上、その後の対応により大きな苦痛を感じていた。欠陥のある製品については消費者法により適切な救済策が用意されていることを示す必要があった」と提訴した経緯を説明。今後については「判決内容を検討し、慎重に判断する」とコメントした。

豪州の消費者団体CHOICEによると、国内にはキャンピングカー製造事業者が120社ほど存在し、大量生産する乗用車とは市場形態が異なり、カスタムメイドでの少数生産が主流。認証・検査システムがうまく機能せず、消費者が欠陥に泣かされるケースが相次いでいるという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 米国で安全な自転車用ヘルメットが次々と登場している。バージニア工科大学の研究所と米国道路安全保険協会c
  2. 消費者庁
    物価の上昇を感じている人が9割近くにのぼることが1月19日、消費者庁の物価モニター調査でわかった。小c
  3. オーストラリア競争・消費者委員会
    雇用関係の助言サービス事業者「エンプロイシュア」(Employsure)が掲載した不当なグーグル広告c
  4. 消費者庁
    消費者担当・若宮健嗣担当大臣は1月18日、今年度の消費者志向経営優良事例表彰の選考結果を発表した。大c
  5. 主婦連合会
    各地消費者団体で作る実行委員会主催の第60回「全国消費者大会」の開催日程が決まった。3月15日の国際c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る