公園遊具、70℃に 乳幼児の屋外でのやけどに注意 東京都

日差しに熱せられた公園の遊具やアスファルトなどで乳幼児がやけどをするおそれがあるとして、東京都が注意を呼びかけている。都の調べでは、6月下旬時点でも公園の滑り台の表面温度が70℃を超えていたという。各地で厳しい暑さが続く中、都は「お子さんが屋外で遊ぶときは、高温になっているものが周囲にないか確認してほしい」としている。

都は6月25日、新宿区内の公園で遊具の表面温度を測定する調査を実施。調査時の気温は31℃、湿度は45%だったが、滑り台が70.5℃を記録したほか、滑り台の登り階段が52.3℃、ベンチが58.1℃、地面が69.6℃といずれも高温だった。滑り台は当時、やけど事故を防ぐため使用禁止になっていたという。

また都のヒヤリハット調査(2013年実施)では、子どもを持つ保護者3000人のうち130人が「公園の遊具が熱かった」と回答。「日差しで滑り台が熱くなっていて、おしりをやけどした」(1歳女児)、「8月、通りがかった公園で、ジャングルジムに登ろうとして触れたら熱かったようですぐに手を引っ込めた」(5歳女児)などの事例が寄せられた。屋外の金属製品やアスファルトも要注意で、チャイルドシートの金具、車のボンネット、機械式駐車場、プールサイドの排水溝のアルミ部分などでヒヤリハット事例が報告された。

子どもは大人に比べて皮膚が薄く、やけどが重症化する傾向がある。気象庁の3カ月予想によると、7月から9月まで気温は高くなる見通しで、子どもの屋外での行動には注意が必要だ。

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る