公園遊具、70℃に 乳幼児の屋外でのやけどに注意 東京都

日差しに熱せられた公園の遊具やアスファルトなどで乳幼児がやけどをするおそれがあるとして、東京都が注意を呼びかけている。都の調べでは、6月下旬時点でも公園の滑り台の表面温度が70℃を超えていたという。各地で厳しい暑さが続く中、都は「お子さんが屋外で遊ぶときは、高温になっているものが周囲にないか確認してほしい」としている。

都は6月25日、新宿区内の公園で遊具の表面温度を測定する調査を実施。調査時の気温は31℃、湿度は45%だったが、滑り台が70.5℃を記録したほか、滑り台の登り階段が52.3℃、ベンチが58.1℃、地面が69.6℃といずれも高温だった。滑り台は当時、やけど事故を防ぐため使用禁止になっていたという。

また都のヒヤリハット調査(2013年実施)では、子どもを持つ保護者3000人のうち130人が「公園の遊具が熱かった」と回答。「日差しで滑り台が熱くなっていて、おしりをやけどした」(1歳女児)、「8月、通りがかった公園で、ジャングルジムに登ろうとして触れたら熱かったようですぐに手を引っ込めた」(5歳女児)などの事例が寄せられた。屋外の金属製品やアスファルトも要注意で、チャイルドシートの金具、車のボンネット、機械式駐車場、プールサイドの排水溝のアルミ部分などでヒヤリハット事例が報告された。

子どもは大人に比べて皮膚が薄く、やけどが重症化する傾向がある。気象庁の3カ月予想によると、7月から9月まで気温は高くなる見通しで、子どもの屋外での行動には注意が必要だ。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 東京都シニア講座籔内祥司さん講演
    スマートフォンの安全な利用方法を学ぶシニア向け消費生活講座が2月20日、東京都消費生活総合センターで...
  2. 米消費者情報誌コンシューマーリポートは2月20日、2020年のベストカーオブザイヤーを発表した。部門...
  3. フランス消費者同盟
    スイスのチケット転売サイト大手「ビアゴーゴー(viagogo)」が攻撃的で誤解を招く手法を駆使して消...
  4. 特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会
    消費者庁の「特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会」が2月18日、第1回会合を持ち、...
  5. 赤信号
    旅館のウェブサイト上で、水道水を使った露天風呂を温泉として紹介していたとして、埼玉県は2月17日、旅...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る