健康食品の危害事例、消費生活センターからも収集へ 東京都

健康食品による危害情報を収集し、その内容を検討する東京都の「健康食品」による健康被害事例専門委員会は7月17日、消費生活センターに寄せられた事例についても情報収集する方針を決めた。これまでは東京都医師会と東京都薬剤師会からの情報のみを分析対象としていた。都は「国民生活センターが発表したプエラリアミリフィカのような消費生活センターに寄せられる危害事例によって明るみになる健康被害もあり、委員会の検討事案にできるよう体制の構築をしていく」としている。

食品安全情報評価委員会

健康食品被害情報の収集範囲の拡大に向け、規定改正を採決する食品安全情報評価委員会(17日、東京都健康安全研究センターにて)

医師会・薬剤師会からの情報提供件数が減少傾向にあることから、収集範囲を拡大させる。両会からの提供は06年度に計53件あったが、13~14年度は10件台へと減少、15~17年度の3年間は二桁を割る状況となっていた。今後は東京都消費生活総合センターが受け付けた危害相談のうち、同センターから分析・評価依頼を受けたものも対象としていく。

「健康食品」による健康被害事例専門委員会(座長・梅垣敬三昭和女子大学教授)は2007年3月の設置。東京都食品安全情報評価委員会の下部組織で、健康食品と被害との関連性や重篤度などを評価・検討してきた。会議や会議録などは非公開だが、事例の集計結果が上部委員会に報告されており、06年7月~今年5月までに277人、延べ361製品の事例を収集した。361事例はいずれも製品と症状との因果関係が疑わしいとして報告されたものだが、健康食品による危害を確定した事例はなかったという。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る