健康食品の危害事例、消費生活センターからも収集へ 東京都

健康食品による危害情報を収集し、その内容を検討する東京都の「健康食品」による健康被害事例専門委員会は7月17日、消費生活センターに寄せられた事例についても情報収集する方針を決めた。これまでは東京都医師会と東京都薬剤師会からの情報のみを分析対象としていた。都は「国民生活センターが発表したプエラリアミリフィカのような消費生活センターに寄せられる危害事例によって明るみになる健康被害もあり、委員会の検討事案にできるよう体制の構築をしていく」としている。

食品安全情報評価委員会

健康食品被害情報の収集範囲の拡大に向け、規定改正を採決する食品安全情報評価委員会(17日、東京都健康安全研究センターにて)

医師会・薬剤師会からの情報提供件数が減少傾向にあることから、収集範囲を拡大させる。両会からの提供は06年度に計53件あったが、13~14年度は10件台へと減少、15~17年度の3年間は二桁を割る状況となっていた。今後は東京都消費生活総合センターが受け付けた危害相談のうち、同センターから分析・評価依頼を受けたものも対象としていく。

「健康食品」による健康被害事例専門委員会(座長・梅垣敬三昭和女子大学教授)は2007年3月の設置。東京都食品安全情報評価委員会の下部組織で、健康食品と被害との関連性や重篤度などを評価・検討してきた。会議や会議録などは非公開だが、事例の集計結果が上部委員会に報告されており、06年7月~今年5月までに277人、延べ361製品の事例を収集した。361事例はいずれも製品と症状との因果関係が疑わしいとして報告されたものだが、健康食品による危害を確定した事例はなかったという。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c
  2. ビール
    米国の消費者3団体は11月21日、財務省アルコール・タバコ税貿易管理局(TTB)がアルコール含有量表c
  3. PETボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会がまとめた2021年度ペットボトルリサイクル率は86.0%で、目標とc
  4. 電話相談
    適格消費者団体の消費者市民サポートちば(千葉市)は千葉県弁護士会と共催で、無料の電話相談「消費者なんc
  5. こたつの発火事故
    火を使わないため一見安全そうに見える電気暖房器具だが、発火事故が増加傾向にあり、死亡事故も毎年のようc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る