消費者2団体、ゲノム編集作物の安全性・表示めぐり署名活動

ゲノム編集作物をめぐり環境省・厚生省がそれぞれ外来遺伝子が残らないなどの理由から規制対象外にする方針を示していることに対し、NPO法人日本消費者連盟と「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」は、厚生・農水・環境各省大臣をはじめ消費者庁長官に、ゲノム編集作物などの環境影響評価、食品安全性審査義務付け、表示義務付けを求める署名活動に着手した。

2団体の署名は「すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求める」というもので、根本厚労相、古川農水相、原田環境相、そして岡村消費者庁長官あてのもの。要請事項は次の3点。

(1)ゲノム編集技術で作られた作物・家畜・魚類等のすべてについて、環境影響評価を義務付けること

(2)ゲノム編集作物等のすべてについて、食品安全性審査を義務付けること

(3)ゲノム編集作物などやこれを原料とする食品について、表示を義務付けること

2団体は全国の消費者・市民団体に署名用紙を配布。地域での署名活動を呼びかけている。第一次集約は8月31日、二次集約は11月30日を予定。「全国でゲノム食品規制の必要性を訴える」としている。

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る