【米国】自動車タイヤに窒素 情報誌と政府当局が効果を検証

自動車タイヤに窒素を充填する有料サービスが広がる中、米消費者情報誌コンシューマー・リポート(CR)は5月11日、その効果を検証する記事を掲載した。結論は「コストをかけるほどのメリットは実感できない」というもので、「効果を過信するあまりユーザーが空気圧の確認を怠る懸念がある」と指摘した。

米国では、ディーラーやタイヤ専門店などで、空気の代わりに窒素をタイヤに充填するサービスが広がっている。料金はタイヤ1本につき5ドル(550円)以上。メリットとして▽空気漏れの減少▽低燃費▽走行時の摩擦・抵抗の減少▽安全性向上――などがうたわれている。

こうした中、CRと国家道路交通安全局(NHTSA)がそれぞれテストを実施した。CRのテストでは31種類のタイヤを2組ずつ用意し、1本には空気を30psi(psi=空気圧の単位)、もう1本には窒素を同量充填して、1年間屋外に放置した後、空気圧を測定した。その結果、空気入りタイヤの漏れは平均3.5psiで、窒素入りタイヤは平均2.2psi。その差はわずか1.3psiで、「確かに窒素のほうが漏れは小さかったが、時間が経つにつれてどちらも空気圧が低下した。我々は窒素入りタイヤのユーザーが定期的に空気圧を確認しなくなることを懸念する」とコメントした。

一方、NHTSAのテストでは、窒素がタイヤの酸化や劣化を抑えることが確認されたが、通常のタイヤは劣化が問題になる前に交換時期が来るため、「窒素を充填しても、消費者にとっては実用的ではない」と結論。また、走行中の抵抗性についてもほとんど差異が認められず、「空気でも窒素でも、タイヤに適切な空気圧が維持されていれば性能は同等になる」と報告した。

CRの取材に対し、大手タイヤ専門店タイヤラック(Tire Rack)の幹部は「大事なのは空気圧。定期的なメンテナンスがタイヤの性能・品質保持に欠かせない」と定期点検の重要性を強調したほか、「空気の充填は無料だし、機能的にも問題ない」とコメントした。CRは「毎月1回は(気温が上昇していない)午前中に空気圧をチェックしてほしい」と呼びかけた。

航空機や特殊な大型トラックのタイヤには窒素が使われているが、一般の乗用車の場合、窒素を使うメリットを実感できる機会は少ないようだ。ちなみにタイヤに充填される空気の78%は窒素で、21%が酸素、残る1%がその他のガスだという。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 郵便ポスト
    企業の消費者担当部門の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長...
  2. ホワイトハウス
    米環境保護局(EPA)は7月17日、大気汚染に関する年次報告書をまとめ、大気汚染防止法が制定された1...
  3. コイン
    「利用料金が未納」などのメッセージをSMSで送り付け、電話をかけてきた消費者にニセの消費生活センター...
  4. 国民生活センター
    国民生活センターはインターネットを活用した消費者からの情報収集ツールとしてホームページ上に設置してい...
  5. 家電製品PLセンター
    家電製品事故をめぐる裁判外紛争解決手続機関「家電製品PLセンター」(丸子哲也センター長)がまとめた2...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る