騙されるな ニセのセンターを紹介する新手の架空請求手口

「利用料金が未納」などのメッセージをSMSで送り付け、電話をかけてきた消費者にニセの消費生活センターを紹介、センター職員と称する人物が「お金を払うように」と助言し、金品をだまし取る新手の架空請求手口が発生している。劇場型勧誘方法を使っての巧妙化した手口であることから7月18日、国民生活センターは消費者に注意を喚起した。

国民生活センターが明らかにした相談事例は次のような内容。7月に入ってからの事例だ。

「利用料金の支払いがないのでお客様センターに相談するように、とのメッセージがSMSで届いた。記載された番号に電話すると、大手信販会社を名乗る人が、有料コンテンツ料金の未納がある、30万円払うように、と言ってきた。おかしいと思い、国民生活センターに相談する、と伝えたところ、相手は、国民生活センターの窓口は今の時間は相談を受け付けていないので、居住地の消費生活センターの電話番号を教えると言って電話番号を教えた。消費者がそこに電話したら、応対したニセのセンター職員が、請求は正しいものなので支払う必要がある、と言ってきた。そこで事業者の指示の通りにプリペイド型電子マネーで30万円を支払ってしまった」

国民生活センターでは、ニセの消費生活センターに誘導されて被害を被る例は今後も発生する可能性があるとする。消費者ホットライン「188」の周知徹底を図っていくとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. はるまや紙製ショッピングバッグ
    スーツ大手のはるやま商事はプラスチックごみ問題への取り組みの一環として、12月中旬から順次、グループ...
  2. 形態安定加工ワイシャツのテスト
    北海道消費者協会はワイシャツの形態安定加工で使われるホルムアルデヒドに関する商品テストを実施した。ホ...
  3. 豪州消費者団体Choice
    食品の健康度合いを星を数で表す格付けマーク「ヘルススターレーティング」を巡り、豪州の消費者団体CHO...
  4. チーズフェスタ2019
    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 味ぽん55周年特設サイト
    味ぽんが11月10日に55歳を迎えたことを記念し、Mizkan(ミツカン)が「Let's チャレぽん...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る