主婦連元会長・清水鳩子さん逝去 96歳 「連帯こそ武器」


72年前の主婦連合会創設に参画し、戦後の消費者運動の一翼を担われてきた清水鳩子さんが11月14日、静かに目を閉じられた。96歳。主婦連合会の事務局長、副会長、会長を務められた後に、主婦会館の館長となり2018年に全ての職務を辞されて静養されていた。

主婦連元会長・清水鳩子さん

清水鳩子さん (2010年4月撮影、主婦連合会/主婦会館提供)

清水さんはニッポン消費者新聞の30年来の読者だった。一つひとつの記事についてハガキや電話で感想を寄せていただいた。「台所と政治の直結」をスローガンに掲げた主婦連運動を大衆運動へとけん引した1人だっただけに記事への感想は常に正鵠を射ていた。

主婦連のシンボル「おしゃもじ」には、敗戦後の混乱期、GHQに解散させられたまま婦人団体もなかった頃に発足した主婦連の原点が凝縮されている。清水さんは「豊かな食料をよそう主婦の願い」「たたかいとる意の、めし取る心」を示していると話してくれた。

取材のときに常に強調されたのは消費者の連帯の必要性だった。草の根グループはじめ各団体との運動の共有、少しでも協力し合える点を見出すこと、大局に立って信頼し合うことが大切、と話されていた。

主婦連創成期の物価調査では調査資金が乏しく、紙代もままならないために食料品価格をチラシの裏に毎日記載し、物価の推移を調べたことも。そんな「何もないところから創造してきた」ことを自らの運動の原点と説明されていた。

2年前に、高齢となったかつての消費者運動の仲間たちと今後の消費者運動を語る懇談の機会を設定して欲しいとニッポン消費者新聞に提案された。その約束を果たすことができないまま逝去されたことが弊紙の心残りである。

会うといつも笑顔で「理屈よりもハート、スマートさよりも熱意、その視点が現代の消費者運動にこそ必要」と熱っぽく語られていた姿が偲ばれる。

(本紙12月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  2. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c
  3. 消費者庁
    特定商取引法に違反する悪質業者を国や都道府県に通報する「申出制度」の押印が廃止され、PDF形式によるc
  4. ホワイトハウス
    米民主党のジョー・バイデン氏が1月20日、第46代大統領に就任したことを受け、主要な消費者・非営利団c
  5. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る