全国の条例を調査 新未来創造戦略本部が報告 政策立案に活用へ🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

徳島県に設置された「消費者庁新未来創造戦略本部」(本部長・伊藤明子消費者庁長官)はこのほど、地方自治体が運用する消費生活関連条例を網羅した調査結果をまとめた。条例を対象とした全国調査は約40年ぶり。

調査では全国に915条例があることが判明。条例の共通の規定やその特徴を比較した。名称や内容によって消費生活条例、消費生活センター条例、消費者行政個別条例、基金条例、住民の暮らしと安全に関する条例という5つに分類し、それぞれの規定範囲などをリスト化した。今後、各自治体の施策体制の充実度合い、悪質事業者名の公表制度、消費者への訴訟援助制度、紛争解決へ向けた被害救済委員会など、条例に基づく運用実態の把握なども進め、各自治体の消費者行政推進に役立ててるという。

調査活動に取り組んだのは消費者庁と国民生活センターの若手職員だ。

◎ 消費生活関連施策は915条例、5種類に分類・分析

この調査の「概要」はすでに3月24日の新未来創造戦略本部「成果報告会」でも報告された。今回提示されたのは、詳細な分析データやバック資料を盛り込んでいるもので、「地方自治体における消費者行政に関する条例の制定状況とその背景の分析」と題したもの。消費者庁の土方健太郎さん(同庁総務課)と国民生活センターの糸田厚史さんの2人。戦略本部国際消費者政策研究センター特任研究員として調査に取り組んだ。

土方さんは「戦略本部のモデルプロジェクトの一環として、われわれ個人の責任でまとめられたものです。消費者庁の見解を示すものではありませんが、今後、消費者行政の政策立案の基礎資料として…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」5月1日消費者月間号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. U.S. PIRG
    天然ガスの主成分メタンが環境に良いと宣伝するのは消費者保護法に違反するとして、非営利団体U.S.PIc
  2. sns
    国内の消費者間電子商取引(CtoC-EC)の2021年市場規模が前年比12.9%増の2兆2121億円c
  3. アメリカ消費者連合
    アメリカ消費者連盟(CFA)は8月8日、2021年の消費者苦情トップが「自動車の販売・修理」だったとc
  4. 石けん量り売り
    生活クラブ連合会(東京都新宿区)は8月1日から、東京と神奈川の計3店舗で液体石けん類の量り売りを開始c
  5. deco
    国際的なスポーツ大会が環境に大きな負荷をかけているとして、ポルトガル最大の消費者団体DECOが問題提c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る