お金儲けにはならない! 情報商材ネット販売被害急増

国民生活センターは8月2日、「月数百万円稼げる」「億の儲けが出る投資法」などのお金儲けのノウハウと称して、インターネットで取引される情報商材を購入して被害にあう消費者トラブルが急増していることを重視、消費者に怪しいと思ったら連絡しない、話が違うと思ったらきっぱりと契約を断るなどの注意を喚起した。

同センターによると、全国の消費生活センターには「1日数分の作業で月に数百万円を稼ぐ」「○万円が○億円になる投資法」などと謳って、そのノウハウなどをインタ―ネットで販売する情報商材商法による被害相談が急増している。昨年度の相談件数は6593件と4年前の7倍となり、今年度も増加ペースが続いてるという。

相談内容は「高額収入を得る方法を教えると強調された広告などを見て連絡をしたところ、高額な契約をすれば副業や投資などで儲けることができるノウハウを教えると勧誘された。だが、実際は説明と異なり儲からない」などが典型で、SNSや求人サイトなどが勧誘の入り口になる例が多い。副業や投資のほかに「競馬予想ソフト」などギャンブルに関する例も依然多い。

国民生活センターは「簡単に高額収入を得らることを強調する広告・宣伝が目立つ」「次々に契約を迫る強引勧誘が多い」「クレジット契約や借金をしてまで高額な契約をさせている」「広告や説明とは異なり儲かることはない」などの問題点を指摘。「怪しいと思ったら連絡しない」「話が違うと思ったらきっぱりと契約を断る」などの注意点を挙げている。

関連記事

新着記事

  1. 池本誠司消費者委員会委員長代理
    ジャパンライフ事件をはじめ大規模被害が繰り返されてきた預託商法への対策として、消費者委員会の池本誠司...
  2. 消費者庁
    消費者庁は5月20日、地方公共団体の食品ロス削減への取組状況を発表。全ての都道府県や指定都市で取組を...
  3. NACS(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)の東日本支部は5月18日...
  4. 「泣き寝入りは超いやや!」が口癖の消費者庁のゆるキャラ「イヤヤン」が5月18日、横浜市や東京都内に出...
  5. コンシューマー
    生活上のトラブルに対して助言をおこなう非営利団体「シチズンズ・アドバイス(Citizens Advi...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る