地鶏ではなくブロイラー 塚田農場などの運営会社に行政処分

消費者庁は5月22日、ブロイラー肉なのに「本物の地鶏」を使っていると誤認させる「つくね」や「チキン南蛮」などを販売していたエー・ピーカンパニー(本社・東京都港区)に対し、メニュー表示の優良誤認として、景品表示法に基づく改善・再発防止措置を命じた。同社は全国に「塚田農場」「じとっこ組合」などの居酒屋を展開。メニュー表示と異なる鶏肉を使用していた。処分を受けたことに対して、同社は「真摯に受け止める。表示は改善した。購入した消費者には返金する」としている。

エー・ピーカンパニーのメニューブック

景品表示法違反が指摘されたメニュー

消費者庁の措置命令は、「塚田農場」が昨年4月17日から8月22日まで、「じとっこ組合」が16年9月1日から昨年9月3日までの間にそれぞれ販売していた「月見つくね」「チキン南蛮」などの表示を対象とした。メニューで「地鶏はほんの一部」と稀少性を謳い「黒さつま鶏」と称する地鶏を使ったものと説明、それが当該食品に使われていると誤認させる方法で販売していた。消費者庁の調査で、実際に使われていたのは地鶏ではなくブロイラーだったことがわかった。

同庁は5月22日、当該店舗を運営するエー・ピーカンパニーに対し、景品表示法に基づき措置命令を下した。違反事実の一般消費者への周知、再発防止策の徹底などを命じた。

処分を受けたことに対し、エー・ピーカンパニーは「処分を真摯に受け止める。指摘された表示は改善しているが、今後誤解の生じない表記を徹底する。メニューブックなど各店舗が独自に作成するものも含め、法的な観点からのリーガルチェックも徹底する。適正表示についての社内研修も推進する」(同社・広報担当者)。

表示違反期間に購入した消費者については、レシートを保管している人には対象商品代金の全額返金を実施し、レシートがすでにない人には、条件にあわせて食事券などの提供を実施するとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  2. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...
  3. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  4. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  5. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る