地鶏ではなくブロイラー 塚田農場などの運営会社に行政処分

消費者庁は5月22日、ブロイラー肉なのに「本物の地鶏」を使っていると誤認させる「つくね」や「チキン南蛮」などを販売していたエー・ピーカンパニー(本社・東京都港区)に対し、メニュー表示の優良誤認として、景品表示法に基づく改善・再発防止措置を命じた。同社は全国に「塚田農場」「じとっこ組合」などの居酒屋を展開。メニュー表示と異なる鶏肉を使用していた。処分を受けたことに対して、同社は「真摯に受け止める。表示は改善した。購入した消費者には返金する」としている。

エー・ピーカンパニーのメニューブック

景品表示法違反が指摘されたメニュー

消費者庁の措置命令は、「塚田農場」が昨年4月17日から8月22日まで、「じとっこ組合」が16年9月1日から昨年9月3日までの間にそれぞれ販売していた「月見つくね」「チキン南蛮」などの表示を対象とした。メニューで「地鶏はほんの一部」と稀少性を謳い「黒さつま鶏」と称する地鶏を使ったものと説明、それが当該食品に使われていると誤認させる方法で販売していた。消費者庁の調査で、実際に使われていたのは地鶏ではなくブロイラーだったことがわかった。

同庁は5月22日、当該店舗を運営するエー・ピーカンパニーに対し、景品表示法に基づき措置命令を下した。違反事実の一般消費者への周知、再発防止策の徹底などを命じた。

処分を受けたことに対し、エー・ピーカンパニーは「処分を真摯に受け止める。指摘された表示は改善しているが、今後誤解の生じない表記を徹底する。メニューブックなど各店舗が独自に作成するものも含め、法的な観点からのリーガルチェックも徹底する。適正表示についての社内研修も推進する」(同社・広報担当者)。

表示違反期間に購入した消費者については、レシートを保管している人には対象商品代金の全額返金を実施し、レシートがすでにない人には、条件にあわせて食事券などの提供を実施するとしている。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る