おうち時間増加 子どものやけど事故に注意 半数が重傷事例🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

新型コロナ感染防止対策や夏休み期間中で子どもの在宅時間が長くなる中、NITE(製品評価技術基盤機構)は7月29日、家の中の身近な製品によるやけど事故に注意を呼びかけた。直近5年間では、ウォーターサーバーや空気清浄機、電気ポットなどの熱源に接触するやけど事故に加え、乾電池の液漏れやボタン電池の誤飲による化学やけどの事故が報告された。NITEは「やけどのおそれのある製品には乳幼児を近づけないよう対策を取ってほしい」としている。

子どものやけど事故注意

家庭内での子どものやけど事故は身近な製品で起きる。電気ポットや電気ケトルは子どもの手の届かない場所に置き、使用後はすぐに片づけ、残り湯は捨てて事故防止を(NITE事故再現実験より)

NITEによると、2020年までの5年間に、子ども(0~12歳)の屋内でのやけど事故が30件起きていた。そのうち1カ月以上の治療が必要な重傷事例は17件と半数を超え、軽傷が13件。製品別では、ウォーターサーバーが11件、スチーム加湿機能付き空気清浄機が5件、加湿器が3件、電気ポットと乾電池がそれぞれ2件などとなった。

ウォーターサーバーの事故を巡っては、群馬県で昨年9月、1歳男児がウォーターサーバーの背面にある温水タンクに触れて、指にやけどを負った。保護者がウォーターサーバーの背面を壁から少し離して設置したため…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る