【豪州】サムスン製タテ型洗濯機「推奨せず」 水効率が最低水準

豪州の消費者団体CHOICEは7月23日、通常の使用方法だと水を大量に浪費するとして、サムスン製のタテ型(トップローダー)洗濯機を買わないよう呼びかけた。同団体がおこなった商品テストでは1回の洗濯で最大214リットルの水を使うことがわかり、「オーストラリア大陸のような干ばつが多発する国では節水が常に求められている。この洗濯機は水効率が0%で、これまでテストした製品の中でも最低水準だ」と指摘している。

Samsung WA13M8700GV

CHOICEにより水効率が最低と評価されたサムスン製タテ型洗濯機。左下青いシールの水効率ラベルは四つ星を獲得していた(CHOICEホームページより)

「Don’t Buy(買わないで)」の評価を受けたのは、洗濯容量が13キログラムの大型タイプ「Samsung WA13M8700GV」。1899豪ドル(約15万3000円)と全自動(フロントローダー)洗濯機よりも割安で、政府による水効率ラベル制度でも6段階中4段階と比較的良い評価を得ていた。しかし、CHOICEのテストでは、水効率が非常に悪かったという。

同団体のテスト方法は衣類1キログラム当たりの水の使用量を計算して、水量が少ないものに高評価を与えるというもの。この洗濯機をデフォルトの標準設定でテストしたところ、1回の洗濯で214リットルの水を使用し、CHOICEによる水効率スコアでは最低の「0%」になった。一方、節水モードで洗濯した場合、サムスンが主張する通り水使用量が133リットルになる場合もあったが、同団体は「プログラムの設定など特定の条件を組み合わせなければ達成できず、消費者が普段は使わない方法だった」と指摘した。

洗濯は家庭内の水使用量のおよそ4分の1(23%)を占めるため、洗濯機の選択は非常に重要。CHOICEは「サムスンの洗濯機が示すように、政府のラベル制度は実態とかけ離れている」と指摘。消費者の使用実態にあわせて評価する仕組みに改善するよう求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  2. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc
  3. 全相協公開シンポ
    ◎法規制求める意見 公的機関と民間との連携も提案 デジタル化に伴う消費者トラブル急増を背景に11月c
  4. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  5. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る