「苦情減った」企業増加 高齢者対応には苦慮 ACAP調査

企業のお客様担当部署で作る公益財団法人消費者関連専門家会議(ACAP、東京都新宿区)はこのほど、「企業における消費者対応体制に関する実態報告書」をまとめた。ホームページを活用した情報発信が進む中、消費者からの苦情が減少傾向にあることが判明。一方、増加する高齢者からの問い合わせに苦慮するケースも多く、企業が対応を模索している姿が浮かび上がった。

調査は昨年7月~9月、ACAP会員企業568社を対象に実施。そのうち214社(37.7%)が回答した。

調査結果によると、苦情件数が「増加した」と回答した企業は19%、「変わらない」が32%、「減少した」は40%となった。3年前の2015年調査では「増加した」31%、「変わらない」31%、「減少した」33%だったことから、企業に直接寄せられる苦情は減少傾向にあることがわかった。

消費者向けの情報発信については、ホームページにFAQや啓発情報を掲載する企業が55%に上り、前回調査の30%と比べて8割増加。ソーシャルメディアに取り組む企業も51%となり、前回調査(41%)よりも2割程度増加した。

苦情件数が減少傾向にある理由として、ACAPは「企業努力により(お客様対応の)品質やサービスが向上したことや、ホームページを活用して啓発や情報発信を積極的に行っていること」をあげたほか、消費者自らがネット上の掲示板やSNSを活用して問題解決を図っていることも一因だとした。

一方で、高齢者対応に苦慮する様子も明らかになった。高齢者対応が増加しているとの回答が目立つ中、対応に困ったケースを聞いたところ、「説明内容をご理解いただけない」(77%)、「お話が長くてなかなか終わらない」(64%)、「ご自身の主張だけを繰り返し、説明させてくれない」(63%)が上位に並んだ。8割の企業で特別な施策を実施していなかったが、マニュアルや高齢者向け用語集(通じる言葉への置き換え)などを作成する企業も一部あり、「対応を模索し始めている様子がうかがえた」と分析した。

そのほか、消費者対応部門の担当者数が、前回調査と比べて体制を維持もしくは強化している企業が多いこともわかった。調査結果の詳細はACAPホームページから閲覧できる。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る