お試し商法、53%が「知らない」 埼玉被害なくす会調査

特定適格消費者団体の埼玉消費者被害をなくす会(さいたま市)がインターネットを巡るトラブルについて認知度調査を実施した。その結果、お試し商法トラブルや返金トラブルについての認知度が低いことがわかり、同会は「さらなる啓発の必要性がある」と指摘した。

調査は昨年10月~12月、同会の情報収集事業「消費者被害アンケート・めやすばこ」として実施。会員団体のイベントなどを通じて調査用紙を配布し、1613枚を回収した。

調査の結果、初回お試しと表示しながら実際は定期購入が条件だったという「お試し商法」については、53.1%が「知らない」と回答。0.9%が実際に被害に遭っていた。○日間は返金可能と表示しながら返金に条件があったという「返金トラブル」を知らなかった人は52.9%。0.6%の人が被害に遭っていた。

また、「ネット通販トラブル」(代金を振り込んだのに商品が届かない、商品が偽ブランドだった)では39.1%が「知らない」と回答、被害に遭った人は1.9%。個人情報漏洩トラブルは38%の人が「知らない」と答え、被害に遭った人は5.8%に上った。

調査では、約款についてもアンケートを行い、「よく読む」17.1%、「少し読む」34.1%、「あまり読まない」26.8%、「ほとんど読まない」18.7%という結果になった。「あまり読まない」などの理由として「読むのが面倒」「字が小さい」との回答が上位となり、70歳代では「字が小さい」の回答が突出していた。同会は「約款にはどのようなことが書かれているのか、読まないでいるとどのようなことが起きる可能性があるのかなど、すべての契約における約款の重要性について、学習する機会も必要だ」と指摘している。

調査結果の詳細は同会ホームページから閲覧できる。同会は教育委員会や消費生活相談窓口などに情報提供し、啓発につなげてもらう方針だ。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る