家電製品PLセンター、昨年度相談受付状況 損害事故相談が大幅減

◎総受付件数は増加 エアコン、洗濯機など上位

家電製品の事故をめぐる裁判外紛争解決機関「家電製品PLセンター」(永関雅史センター長)は6月16日、相談受付状況に関する2022年度報告書を公表した。それによると、相談総受付件数は前年比18%増の2074件となり、9年ぶりに2000件を突破。一方で、損害事故に関する相談は前年比26%減の147件と大幅に減少した。一般消費者からの損害事故以外の問い合わせや苦情が増え、全体の件数を押し上げたという。

永関雅史センター長

永関雅史センター長

同センターは1995年3月に設立した法務大臣認証の中立公正な裁判外紛争解決(ADR)機関。紛争解決のほか、家電製品の事故や安全性に関する相談を受け付けてきた。報告書によると、2022年度に受け付けた相談件数は2074件。2014年度以降、年間受付件数は2000件弱で推移してきたが、コロナ禍の20年度、21年度は若干減少。22年度はコロナ禍以前の水準に回復し、9年ぶりに2000件を超えた。開設以来28年間の累計受付件数は4万8954件となった。

22年度の相談内容別では、一般相談が前年比23%増の1927件、損害事故相談が26%減の147件。一般相談の増加が全体の件数を押し上げた形で、損害事故相談件数は2000年度以降、最も少ない水準となった。損害事故相談のうち、被害が製品にとどまる「非拡大事故」の相談は63%減の25件、被害が生命や人体、財産に広がる「拡大損害事故」の相談は8%減の122件だった。斡旋案件は前年度に引き続きなかった。

一般相談における製品別の上位5位はエアコン(333件)、テレビ(169件)、洗濯機(163件)、パソコン(132件)、冷蔵庫(119件)。相談内容は故障に関連するものやメーカーの対応への不満などが目立ち、エアコンでは据付工事や性能に関する苦情が多く寄せられた。

一方、損害事故のうち拡大損害事故に関する相談では、洗濯機が20件と最も多く、以下、エアコン10件、冷蔵庫8件、ヘアドライヤー5件などと続いた。

洗濯機の拡大損害事故では、水漏れ、洗濯物の破れ、洗濯機の振動等による周囲破損の相談が目立った。「新築住宅に設置したドラム式洗濯乾燥機から水漏れし、床や洗面室の扉などを損傷した。水漏れの原因は製造不良により内部ホースに亀裂が入ったことによるものとメーカーは責任を認めている。今後どのように交渉をしていくべきか教えてほしい。」「全自動洗濯機で毛布をネットに入れずに洗ったところ、洗濯機本体が暴れ、洗面所のシンクにぶつかりシンクに穴が開いた。毛布は専用の毛布洗いネットに入れて洗濯するよう取扱説明書に注意表示があることからメーカーからは一切補償できないと言われた。メーカーが補償に応じる余地はまったく考えられないのか。」などの事例が寄せられた。

同センターは紛争解決と事故の未然防止を図るため、ホームページを通じた情報発信に注力する。月次の相談受付概況を紹介する「家電製品PLセンターインフォメーション」を毎月公表しているほか、拡大損害事故の相談事例データベースやFAQなどのコンテンツ強化を進める。

(本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る