エシカル商品拡大、コープ商品の三分の一に プラ対応強化へ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

エシカル消費に対応したコープ商品が伸長している。

日本生活協同組合連合会(日本生協連)が2018年度、全国の生協に供給したエシカル消費対応コープ商品は金額ベースで915億円となり、16年度の676億円から35%拡大した。コープ商品全体の供給金額は約3013億円(18年度)で、エシカル商品の割合が三分の一に迫る勢いとなっている。

COOPラベルのない水

プラスチックごみ削減に対応した「CO・OPラベルのない水(あずみ野)」。ペット容器のラベルフィルムを省き、1ケース当たりのプラ使用量を5.16グラム削減した

2018年度は「海と森の資源を守る」を重点課題に設定し、エシカル商品の拡大を進めた。MSC認証のさばを使ったさば水煮缶やレインフォレスト・アライアンス認証カカオを使ったチョコレートなどを展開し、大きく伸長したという。

2019年度はこれら重点課題にプラスチック対応を追加して取り組みを進める。嶋田裕之・代表理事専務は14日の記者会見で、「プラスチック包材の環境対応として、リデュース・リユース・リサイクル・バイオマスという四つの切り口で考えている」と発言。3Rに加え植物由来素材の利用を進める考えを示した。

嶋田専務は「昨今、マイクロプラスチックやプラスチックごみの海洋汚染が社会的テーマになっている。植物由来素材の単価はまだまだ高く、これまではコストの問題で見合わせていたものもあるが、現在は切り替え可能なものは極力切り替えていく方針にしている」とし、これまでの取り組みを含め、改善事例を社会に発信していきたいと語った。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る