【米国】すべての生ごみの堆肥化は可能 非営利団体が方策提示

消費者政策を監視する非営利団体U.S.PIRGは6月13日、全米で発生する生ごみの堆肥化を実現するベストプラクティス案を提示し、各地自治体に行動を呼びかけた。

同団体は食べ物カスや庭木の剪定ごみなどの生ごみ(有機性廃棄物)をすべて堆肥化することで、埋め立てや焼却処分に回るごみの量が三分の一削減できると主張。温暖化ガスの排出削減につながる上、土壌に栄養分を還元し、化学肥料を堆肥に置き換えることができると訴えた。

全米の1万9千以上の都市のうち、生ごみを堆肥しているのはわずか326市町。一方、堆肥化プログラムを提供する地域コミュニティは過去5年間で65%増加し、草の根の取り組みが広がっているという。

同団体が示した方策は▽生ごみの回収とリサイクルの仕組みを利便性を高めた形で提供する▽堆肥化プログラムを通じた生ごみ処分料金を通常料金よりも安く設定する▽事業者用の堆肥化ルートを設ける▽自治体が堆肥を買い取るなど、堆肥の売買市場を作り出す――など。U.S.PIRGとともに方策をまとめたアビゲイル・ブラッドフォード氏は「自治体や地域に欠けているのはノウハウだ。堆肥化プログラムを成功させるための手順は難しくない」と実践を呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...
  4. 国民生活センター
    国民生活センターは、今後の地方消費者行政推進の核となる「消費者安全確保地域協議会」(見守りネットワー...
  5. 第4期消費者基本計画
    新型コロナウイルス感染問題が消費生活に重大な脅威を及ぼす中、3月27日、消費者庁は2020年度から2...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  2. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  4. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  5. 国際消費者機構(CI)

    2020-3-30

    CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロン...
ページ上部へ戻る