ブラジルの消費者団体、砂糖飲料への課税要望 ツイート連投

ブラジルの消費者団体Idec(Instituto Brasileiro de Defesa do Consumidor)は砂糖入りの清涼飲料水への課税を求めるキャンペーンをツイッター上で展開している。税収の増加や肥満防止などにつながり、新型コロナウイルス対策としても役立つと主張している。海外の成功事例を紹介したツイートをこの数週間、複数回続けて投稿している。

砂糖飲料への課税要望

ツイートを連投して砂糖飲料への課税を求めるブラジル消費者団体Idec。25日には世界最大の消費国メキシコの成功事例を紹介した(Idecのツイッター公式アカウントより)

6月18日には「WHO(世界保健機関)は消費抑制を目的に砂糖入り飲料の価格引き上げを推奨している。慢性疾患の予防に寄与し、増収分を公衆衛生の推進にあてられる」とツイート。

23日には「砂糖入り飲料に5%課税したチリでは消費量が3.4%減った」とつぶやき、隣国の公共政策を称賛。25日には「甘味飲料の最大の消費国であるメキシコは2014年に10%課税した。わずか1年で価格が上昇し消費量に大きく変化した」とツイートした。さらに、米国で最初にソーダ税を導入したバークレーの成功事例を紹介するなどしている。

新型コロナ感染拡大が深刻化するブラジルでは、企業支援の一環として6月1日、飲料メーカーに対する減税が拡大されていた。Idecは「医療現場でベッドやマスクが不足している。政府はWHOの主張とは逆の政策を行っており、今こそ甘い飲料に増税し新型コロナ対策にまわすべきだ」と訴えている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 非純正リチウムイオンバッテリー違反品
    インターネットで流通する非純正リチウムイオンバッテリーの発火事故が急増していることを受け、NITE(...
  2. 公益科学センター
    米非営利団体の公益科学センター(CSPI)は11月23日、伝統的な代替療法「ホメオパシー」の関連製品...
  3. 総務省
    ◎一元的収集制度、機能せず 井上大臣、通知制度周知を要請 重大事故の一元的収集制度に大穴があいてい...
  4. ◎各社が採用、「SDGsとビジネスの融合」と評価 東レは11月19日、全社横断プロジェクトとして展...
  5. 愛知県
    大都市圏の都道府県に先駆けて、愛知県は11月27日、上半期(4~9月)の消費生活相談件数を発表した。...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る