【豪州】ボタン電池のタスクフォース設置 規制導入を検討へ

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は8月16日、ボタン電池の事故防止策を検討する「ボタン電池タスクフォース」を設置したと発表した。ボタン電池や内蔵機器の安全対策を強化するため、消費者法に基づく規制の導入などを検討する。

ボタン電池はコイン電池とも呼ばれ、玩具や補聴器、時計、リモコン、デジタル温度計など様々な家庭用機器に内蔵されている。一方、子どもが誤飲すると、窒息だけでなく、食道や消化器官に引っかかって化学反応を起こし、組織の壊死や大量出血の危険性がある。オーストラリアでは過去6年間に子ども2人が亡くなり、数百人が緊急治療室に担ぎ込まれた。

ACCCのデリア・リッカード副委員長は「誤飲するとわずか2時間で深刻な事態を招く。飲み込んだことに親が気づかなかった場合、医師が病状を特定することは非常に困難だ」と指摘した。

ACCCは今年3月、相次ぐ子どもの誤飲事故を受け、消費者法に基づく警告を発して注意喚起を実施した。今回のタスクフォースの設置は、より強固な対策の必要性を示した形だ。

タスクフォースでは9月末まで消費者、事業者、医療関係者などから課題や対策などの情報を受け付け、それを基に規制のあり方などを検討。年末をめどに案をまとめ、来年に最終勧告を行う。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験
    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. 風力発電
    英国の非営利助言団体「シチズンズ・アドバイス(citizens advice)」は11月8日、陸上風...
  4. イベント
    企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月1...
  5. 英国の消費者団体Which?
    キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がま...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る