【豪州】ボタン電池のタスクフォース設置 規制導入を検討へ

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は8月16日、ボタン電池の事故防止策を検討する「ボタン電池タスクフォース」を設置したと発表した。ボタン電池や内蔵機器の安全対策を強化するため、消費者法に基づく規制の導入などを検討する。

ボタン電池はコイン電池とも呼ばれ、玩具や補聴器、時計、リモコン、デジタル温度計など様々な家庭用機器に内蔵されている。一方、子どもが誤飲すると、窒息だけでなく、食道や消化器官に引っかかって化学反応を起こし、組織の壊死や大量出血の危険性がある。オーストラリアでは過去6年間に子ども2人が亡くなり、数百人が緊急治療室に担ぎ込まれた。

ACCCのデリア・リッカード副委員長は「誤飲するとわずか2時間で深刻な事態を招く。飲み込んだことに親が気づかなかった場合、医師が病状を特定することは非常に困難だ」と指摘した。

ACCCは今年3月、相次ぐ子どもの誤飲事故を受け、消費者法に基づく警告を発して注意喚起を実施した。今回のタスクフォースの設置は、より強固な対策の必要性を示した形だ。

タスクフォースでは9月末まで消費者、事業者、医療関係者などから課題や対策などの情報を受け付け、それを基に規制のあり方などを検討。年末をめどに案をまとめ、来年に最終勧告を行う。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 大阪
    大阪府は3月31日、今年4月からの5年間に渡る「第2期大阪府消費者基本計画」を策定し、公表した。2年...
  2. 英国の消費者団体Which?
    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  3. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  4. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  5. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-6

    【英国】スチームクリーナーでウイルス対策「理論上有効」

    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  2. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  3. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  5. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
ページ上部へ戻る