【英国】新20ポンド札公開 プラスチック製への切り替え加速

デザインを一新した新20ポンド紙幣が公開された。ポリマー(プラスチック)製で、英国中央銀行のイングランド銀行いわく「英国史上最も安全なお札」。2020年2月20日に発行が予定されているが、英国の消費者団体Which?は「古い紙幣を新紙幣に交換する前にシリアル番号を確認してほしい。コレクターがいずれ高値で購入してくれるかもしれない」と呼びかけている。

新20ポンド紙幣

新20ポンド紙幣を公開するイングランド銀行。YouTube動画でもデザインを披露した

新20ポンド札には、19世紀に活躍した英国人画家ウィリアム・ターナーの肖像画を採用。経済学者アダム・スミスを起用した現行紙幣が紙製なのに対し、ポリマー製とした。イングランド銀行は2016年以降、ポリマー製への切り替えを進めており、16年に5ポンド紙幣を、17年に10ポンド札をポリマー製にした。残る50ポンド札も21年には切り替える意向で、すべての紙幣がポリマー製となる予定。

イングランド銀行担当者はWhich?の問い合わせに対し、「新しい20ポンド札は青色とゴールドの2色を基調としたデザインで技術的に真似るのが難しい上、ポリマー製紙幣自体、寿命が長く、偽造が難しいのが特長。英国史上最も安全なお札だ」とコメント。また、切り替え後の旧紙幣の処理方法を尋ねたところ、担当者は「最終的には堆肥化して土壌改良剤になるか、発電エネルギーとして処理されることになる」と回答したという。

紙幣は通常、額面以上の価値はないが、まれにコレクター垂涎のお札になる場合がある。WHICH?は「シリアル番号に注目してほしい。123456や222222などの連続番号は額面以上の価値で取引されることが多い」と指摘し、財布の中身を確認するよう呼びかけた。実際、シリアル番号が「A01 000004」の旧5ポンド札は1万6800ポンド(約232万円)で落札されたという。ただし、こうした番号が若い紙幣は皇族や高官に与えられるのが慣例で、まずは出回らない代物。オークションに出品された5ポンド札も、もともとは1971年に当時のアンソニー・バーバー蔵相に贈られたものだという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    町中に設置されている電子看板(デジタルサイネージ)が通行人のスマートフォンのデータを収集し、購買デー...
  2. ペットボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区)は11月20日、3R推進活動状況をまとめた年次報告書...
  3. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...
  4. 葬儀事前相談員資格認定試験
    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  5. 風力発電
    英国の非営利助言団体「シチズンズ・アドバイス(citizens advice)」は11月8日、陸上風...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る