子どもメニューからソーダを排除 米クリーブランド市も条例施行

オハイオ州クリーブランド市のレストランで近く、砂糖入り飲料をセットにした子ども向けメニューの提供が禁止される。フランク・ジャクソン市長が7月29日、市議会が全会一致で可決した禁止条例案に署名し、施行が決まった。来年2月1日以降、レストランの子ども向けメニューには、砂糖入り飲料の代わりに、低脂肪乳、水、小サイズの果汁100%ジュースをセットにすることが義務付けられる。

外食産業の子ども向けメニュー問題に取り組み、同市の立法化手続きを支援してきた非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は同日、歓迎する声明を発表。「甘いソーダや砂糖入り飲料を子ども向けセットメニューにデフォルトで組み込み、子どもに選択させる方法は、健康的な食事を与えたいと考える保護者の食生活プランを困難にしていた」と指摘した。クリーブランド市もプレス発表で、CSPIを含む40団体に謝意を伝え、「食料品店や生鮮品へのアクセスが限られている地域ではレストランの食事が主要なカロリー摂取源になっている。健康的なメニューの提供は子どもたちの保護につながる」とコメントした。

条例によると、子ども向けメニューに組み込める飲料は、水、スパークリングウォーター(炭酸水)、無脂肪もしくは低脂肪(脂肪分1%)の牛乳、150カロリー以下もしくは最大8オンス(約240ミリリットル)までの果汁100%ジュース。ソーダがどうしても欲しい場合は別途購入する必要がある。

子ども向けメニューから砂糖入り飲料を排除する動きは全米各地で広がっており、ボルチモア、フィラデルフィア、ルイビルなどの郡市のほか、カリフォルニア、ハワイ、デラウェアなどの州が法制化している。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る