高カカオほどポリフェノール多い傾向 チョコレートをテスト

ポリフェノールを多く含むとうたう高カカオチョコレートについて、北海道消費者協会が含有量テストを実施した。高カカオほどポリフェノールが多く含まれる傾向にあったが、カフェインとよく似た興奮作用や利尿作用などがあるテオブロミンの含有量も大きくなることがわかった。同協会は「カカオにテオブロミンが含まれていることはあまり知られていない。幼児や高齢者など敏感な人は高カカオチョコレートの取り過ぎには注意した方がいい」とアドバイスしている。

高カカオチョコレート

テストを行ったチョコレート12品。高カカオほどポリフェノールもテオブロミンも多い傾向にあった(写真は北海道消費者協会提供)

テストしたのは森永、ロッテ、不二家、明治が発売する12商品の15点(1商品は4種類のチョコレートが入ったもの)。そのうちカカオ分の表示があったのは9点で、最も低い検体は27%、最も高い検体は95%だった。

カカオポリフェノール含有量は最小がチョコレート100グラム当たり533ミリグラム(森永「DARSダース/ミルク」)、最大が3247ミリグラム(明治「チョコレート効果CACAO95%」)で約6倍の差があった。カカオ分の表示値が大きいほどカカオポリフェノール含有量も大きくなる傾向があり、表示値と測定値に大きな違いはなく、表示に関する問題はなかった。

一方、テオブロミン含有量は最小が137ミリグラム(森永「DARSダース/ミルク」)、最大が1141ミリグラム(明治「チョコレート効果CACAO95%」)で、その差は約8倍だった。カカオ分の表示値が大きいほどテオブロミン含有量も大きくなる傾向があった。

同協会は「どの食品についても言えることだが、取り過ぎや偏食はおすすめしない。ポリフェノールのためにチョコレートを偏って取り過ぎるとカロリーの取り過ぎになる。食生活のバランスを考えて食べてほしい」と話した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  2. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  3. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...
  4. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  5. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る