昨年の食中毒件数、アニサキス最多 3年連続 サバで86件

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

厚生労働省がまとめた2020年食中毒発生状況によると、国内で発生した食中毒件数は887件で、前年よりも174件減少した。一方、患者数は1595人増の1万4613件となり、3人が死亡。500人以上の患者が出た食中毒事例も3件発生し(前年は発生なし)、埼玉県八潮市で昨年6月、給食に出た海藻サラダを食べた児童生徒ら約3千人が食中毒となる事例などが起きていた。

887件の食中毒事例を病因物質別でみると、アニサキスが386件と最多。次いでカンピロバクターが182件、ノロウイルスが99件などと続いた。

アニサキス食中毒はこの数年増加が目立ち、17年242件、18年478件、19年336件、20年396件と推移。18年にはカンピロバクターを抜き、3年連続で第1位となっている。カツオでの食中毒が多発した年もあったが、昨年の原因食品は、「不明」(刺身盛り合わせなどを食べ、原因食品を特定できなかったもの)が148件、サバが86件、アジが36件、カツオが12件だった。

厚労省はアニサキス食中毒予防として、毎週金曜日にツイッターで広く注意喚起するとともに、同省ホームページで飲食・販売店向けに対策を呼びかけてきた。アニサキス食中毒の50%以上が飲食店・販売店で発生しているといい、▽新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除く▽魚の内臓を生で提供しない▽目視で確認してアニサキス幼虫を除去する――ことが重要だとする。冷凍(-20℃で24時間)、加熱(70℃以上、または60℃なら1分)も有効だが、料理用のお酢、塩漬け、しょうゆ、わさびでは死滅しないと説明している。

また、死者が発生した食中毒3件はいずれも家庭で発生。3人とも70歳代以上の男性で、それぞれグロリオサ球根、野生のキノコ、ふぐが原因食品だった。同省は有毒植物やキノコについて、「食用と確実に判断できない場合は、絶対に採らない、食べない、売らない、人にあげない」よう警告している。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  2. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  5. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る