【米国】ワイヤーブラシでのグリル掃除 金属片誤食しケガ

グリル掃除にワイヤーブラシを使うと、抜け落ちた金属片が食材に付着して口やのどを傷つけるおそれがあるとして、米消費者情報誌コンシューマー・リポートが注意を呼びかけている。2014年までの13年間に1700人が救急治療室(ER)に運ばれたとの報告もある。毛のないコイル状たわしなどの使用を検討してほしいとしている。

毛の部分が金属製のワイヤーブラシは、グリルにこびりついた頑固な油汚れやさびなどを落とすのに大いに役に立つが、同誌は「知られざる欠点がある」と指摘する。抜けたり欠けたりした毛がグリルの調理面に固着し、食材に付着。それを誤って食べてしまうとけがをする危険性があるという。

2016年に発表された耳鼻咽喉科・頭頸部外科に関する研究によると、02~14年までの13年間に、ワイヤーブラシの金属片を摂取した1700人(推計)が救急治療を受け、4人に1人が入院を余儀なくされた。ミズーリ大学医学部のDavid Chang医師は「この結果はERにおける値で、ほかの救急施設や外来の患者を含んでいない」とコメントし、事故の発生頻度を過小評価してはいけないと指摘した。

抜け落ちた金属製の毛は小さい上、硬くて鋭利。事故の多くが口やのどを傷つけたケースだったが、食材ごと飲み込んでしまい、胃や腸を傷つけた事例もあった。

コンシューマー・リポートはグリルの種類に適したブラシの使用を推奨。軽石やコイル状の毛のないブラシを使う▽抜け毛が発生する前にブラシを交換する▽汚れ落ちを良くするために液体グリルクリーナーを使う▽掃除の前にグリルを少し温めて汚れを浮かす▽ワイヤーブラシで掃除した場合は毛が固着していないか確認する――などをアドバイスした。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. PL検討委員会
    新しい製造物責任(PL)のあり方を研究する「一般社団法人PL研究学会」(会長・大羽宏一大分大学名誉教...
  2. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  3. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...
  4. 危険なベビーベッド
    下部に扉付きの収納部分があり、乳児の眠る位置の高さを調整できる木製ベビーベッドを使用中に、相次いで死...
  5. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る