【豪州】ロマンス詐欺、出会い系サイトからSNSに移行

SNSアプリを通じたロマンス詐欺の被害が急増していることが2月9日、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)の調べでわかった。詐欺集団が従来の出会い系サイトからインスタグラムやフェイスブックなどのSNSアプリへと移行しており、デリア・リッカード副委員長は「オンラインでの出会いを求めていない一般ユーザーまで詐欺に巻き込まれている」と指摘した。

2019年に寄せられたロマンス詐欺に関する相談は約4000件、被害総額は2860万ドル(約20億7800万円)を超えた。そのうちSNS経由の被害額は910万ドル(約6億6400万円)に上り、従来型出会い系サイトの被害額783万ドル(約5億7100万円)を超えた。SNSのうちインスタグラムの相談が347件、被害額97万ドル、フェイスブックが325件、207万ドル、ツイッターは16件、5820ドルだった。

リッカード副委員長は「出会い系サイトを主戦場としていた詐欺集団がSNSアプリへの移行を加速させていることは新たな動きだ。今後さらにオンラインゲームなどへと広がるおそれがある」と警戒を強めた。詐欺集団の求めに安易に応じていると、金銭的な被害だけでなく危険物の運び屋などに仕立て上げられる危険性があるという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 大阪
    大阪府は3月31日、今年4月からの5年間に渡る「第2期大阪府消費者基本計画」を策定し、公表した。2年...
  2. 英国の消費者団体Which?
    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  3. 英国の消費者団体Which?
    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  4. フランス消費者同盟
    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  5. エシカル通信簿結果発表会
    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(京都市)は3月17日、毎年恒例となった第4回「企業の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-6

    【英国】スチームクリーナーでウイルス対策「理論上有効」

    新型コロナウイルスの感染拡大とともに売り切れ状態になったスチームクリーナーについて、英国の消費者団体...
  2. 英国の消費者団体Which?

    2020-4-3

    【英国】自宅待機中はアレクサ活用を 子どもの遊び相手にも

    英国全土でロックダウン(都市封鎖)の措置が続く中、消費者団体のWhich?は自宅にこもる消費者に向け...
  3. フランス消費者同盟

    2020-4-3

    【欧州】プリンター、外出制限後に価格上昇 許可書の印字で

    フランスで3月17日に発令された外出制限措置(いわゆるロックダウン)により、仏国内のプリンター価格が...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  5. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
ページ上部へ戻る