スマホのアップデート、5年間は実施を 英団体が業界に要望

LGのスマートフォン事業からの撤退発表を受け、英国の消費者団体Which?は4月8日、ユーザーに対して更新サポートなどに関する情報提供を行った。機種によって最長3年間のセキュリティアップデートと3回のOSアップデートが実施されると紹介。これを目安に買い替え時期を検討するようアドバイスした。一方でスマホ業界に対し、最低5年間はソフトウェアとセキュリティの更新を続けるよう要求。規制がないため発売後2年しかサポートを実施しないブランドもあるとし、電子廃棄物の増加などにつながっていると指摘した。

LGは7月末までにスマホ製造から撤退する方針。販売した機種については一定期間サポートを続けると発表した。これを受けコンシューマー・リポート(米)やWhich?(英)など各国消費者団体はユーザーに情報提供するとともに、サポート切れによるハッキングに注意を呼びかけた。

さらにWhich?はスマホ業界の更新サポート体制に苦言を呈し、「サポート期間を巡る規制や業界基準がなく、メーカーにより方針にばらつきがある上、同じメーカーでも機種によってサポート期間が異なり、公表された期間よりも前に打ち切られる場合もあった」と指摘した。同団体の調査では主要ブランドのおおよそのセキュリティ更新期間はアップルが5年以上、サムスンが4年、グーグルが3年、モトローラが2年程度と開きがあるという。

Which?は、こうした情報が消費者に届いていないことも問題視しており、更新サポートの不透明性が中古市場への悪影響と製品寿命の短命化をもたらし、電子廃棄物の増加の要因になっていると訴えた。同団体は▽すべての端末を発売後、最低5年間サポートする▽サポートの終了時期を端末内通知で知らせる▽更新サポートに関する情報をウェブサイトで公開し、購入前に消費者が確認できるようにする――などの対応を業界に求めている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る