ジャパンライフ専用ダイヤルに高額契約例 国民生活センター

年末年始の6日間に国民生活センターが設置した「ジャパンライフ専用ダイヤル」に273件の相談が寄せられ、7割が女性で、70歳代以上が55%を占めていたことがわかった。契約金額が1億円を超える人が15人、これを含む1千万円を超える契約件数は159件となっている。高額な契約金額と高齢者相談が特徴。

国民生活センターは昨年12月29日から1月3日までの年末年始に「ジャパンライフ専用ダイヤル」を設置。同社に関する苦情相談を受け付けた。
同センターによると、寄せられた相談事例は273件。

「磁気治療器のレンタルオーナー契約が複数あるが、事実上倒産というニュースがあり、契約先と連絡がとれない。返金して欲しいがどうすればよいか」
「家族の紹介でネックレスなどのレンタルオーナー契約をしている。事業者が倒産といううわさが流れ心配だ」
「母が20年以上にわたりレンタルオーナー契約をしていた会社が破綻したようだ。今後どうしたらよいか」
などが典型例という。公表事例は、関東・甲信越・東海・北陸などからの相談。

相談者・契約当事者は女性が7割を占め、契約当事者は70歳代が28%、80歳以上が27%で、70歳代以上では55%となった。相談者の住所は北海道から九州・沖縄まで全国にわたっていた。

契約購入金額は、1億円を超える人が15人、1千万円から2500万円以下の範囲の人が68人と最も多かった。1千万円以上が159人となり、高齢者による高額契約の特徴が浮かび上がった。国民生活センターでは、「不安な点がある場合は最寄りの消費生活センターに直ちに相談を」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 薬害オンブズパースン会議
    薬害の根絶をめざすNGO「薬害オンブズパースン会議」(代表・鈴木利廣弁護士) は7月2日、厚生労働大...
  2. 消費者庁
    消費者政策会議は、内閣総理大臣を会長に、関係閣僚を委員として消費者基本計画を定める。同会議は7月7日...
  3. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は7月1日、新型コロナウイルス感染拡大に伴うオンラインショッピング苦情件数...
  4. 厚生労働省
    2019年に国内で発生した食中毒事件数は1061件で、前年と比べて269件減少した。患者数は4264...
  5. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEの最新調査によると、回答者の76%が家具を壁に固定することが最善の転倒防...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る